東芝メモリ株売却、三重県知事に報告

成毛康雄社長(写真奥)
成毛康雄社長(写真奥)【拡大】

 東芝が米ファンドのベインキャピタルを中心とした「日米韓連合」に全株式を売却した半導体メーカー「東芝メモリ」(東京)の成毛康雄社長は12日、三重県庁を訪れ、売却手続き完了を鈴木英敬知事に報告した。

 三重県には主力の四日市工場(四日市市)が立地している。成毛社長は「引き続き私どもの基幹工場として頑張らせていただきたい」と強調した。

 東芝メモリはスマートフォンなどに使用される記憶媒体「フラッシュメモリー」を手掛けている。工場長を兼務する松下智治取締役も同席。

 東芝は今月1日、東芝メモリを約2兆円で日米韓連合に売却した。