トヨタ系自動運転開発で技術者募集

 トヨタ自動車とデンソー、アイシン精機が共同で設立した自動運転技術開発の新会社は13日、採用ウェブサイトを開設して技術者の募集を始めた。出向者などで構成する約300人の社員を1000人規模まで増やす。拠点を東京・日本橋に置くことも発表した。

 新会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント」は、自動運転に必要なソフトウエアを手掛ける予定で、今後3000億円以上の開発投資を見込む。ジェームス・カフナー最高経営責任者(CEO)は「世界中の優れたエンジニアを集めたい」とコメントした。拠点は2019年に完成する日本橋の複合ビルとし、同年7月に入居する。それまでは日本橋の別のビルを仮オフィスとする。