【高論卓説】存在感の低下、留学の壁も「文化力」は盛況…米で感じた日本の限界と可能性 (1/2ページ)

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 先月、約9日間、ボストン・ワシントンDC・ニューヨークと米国東海岸の3都市を訪問した。きっかけは、ボストン(ケンブリッジ市)にある母校のハーバード大学行政大学院(ケネディスクール)の5年に1度の同窓会にて、所属していたコースのクラスセッションでの代表プレゼンの依頼だ。「優秀な学生だったから」というより、「当時から仲が良かったクラス委員に押しつけられた」からなのだが、日本人がやるのも悪くないと考え、引き受けた。

 せっかくの訪米の機会を前に、「日本の活性化」を社是とする弊社内で議論をし、米国での日本の存在感向上のため、発信拠点創設を模索すべくワシントンDC・ニューヨーク訪問を決めた。結論として、当該拠点は、(1)留学生や国際機関職員としての日本人送り出し(2)地域産品など埋もれている製品・サービスの展開(3)日本政治・経済状況の発信-の3つを一体としてミッションとすべきだ、となった。ただ、この話は、相当の資金と労力を要する。深い理解とかなりの資金をお持ちの方を見つけないと始まらない。

 さて、話を最初の訪問先のボストンに戻そう。随所で日本の存在感低下を感じた。留学時にお世話になった「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の著者として名高いエズラ・ヴォーゲル先生にお誘い頂き、ファカルティ・クラブでのランチをご一緒したが、88歳の先生も、真の信頼関係に基づく日米のパイプの弱体化を懸念していた。自ら「絆の強化になるなら」と、比較的若い日本研究者を帯同してご紹介くださった。ただ、ヴォーゲル先生も最近は得意の中国語で中国研究をしている。

 さらに、ケネディスクールの入試担当のアドミッション・オフィスでは、前から懇意にしている責任者に会い、日本人受験者に英語力(特に「話す」「聞く」)を厳しく課している実態を聞いた。オフレコ条件もあって詳細は省くが、ショックを受けた。

続きを読む