トラックの無人隊列実現へ 豊田通商が先進技術公開

車間距離を保ちながら先頭のトラックを自動で追従する後続車=28日、茨城県つくば市
車間距離を保ちながら先頭のトラックを自動で追従する後続車=28日、茨城県つくば市【拡大】

 豊田通商は28日、有人で走る先頭のトラックを無人の後続車で自動で追従する隊列走行の技術を報道陣に公開した。自動運転技術の開発で協力する先進モビリティ(東京都目黒区)の成果で、経済産業省などの事業の一環で来年1月には高速道路で実証実験を開始。早ければ2022年度に実用化し、人手不足が深刻化する物流業界の業務効率化につなげる。

 この日は、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)のテストコースで日野自動車の積載量25トン級の大型トラック3台が隊列を組み、時速70キロで走るデモンストレーションを行った。

 先頭トラックの運転手がブレーキやアクセルを踏むと、その制御情報が通信で後続2台に飛び、自動で加減速して約10メートルの車間距離を維持。さらに、後続車が先頭車から車両位置情報を受信するなどして先頭車を正確に追従する様子も披露した。3台ともに運転手が乗車したが、後続2台はハンドルから手を離した状態で走行した。

 豊通は後続車が無人の隊列走行の実現を狙う経産省の事業を受託。今後も先進モビリティと協力する計画だが、自動運転車と一般車が道路上で混在する状況下で無人隊列走行を実現するハードルは高い。

 同社の青木啓二社長は「長蛇の列を組むトラックが高速道路本線にスムーズに合流できるか、一般車が隊列に割り込まないようにできるかといった課題もある」と指摘。来年以降の実証実験では、技術の信頼性と同時にこうした社会的な側面も検証するという。