政投銀社長に渡辺氏昇格 リスクマネー投融資に意欲

日本政策投資銀行社長に就任し記者会見する渡辺一氏=28日、東京都中央区
日本政策投資銀行社長に就任し記者会見する渡辺一氏=28日、東京都中央区【拡大】

 日本政策投資銀行は28日、渡辺一副社長(59)が同日付で社長に昇格し、木下康司副社長(61)が会長に就く人事を発表した。2代続けて生え抜きの社長となる。柳正憲社長(67)は退任する。

 政投銀は政府が100%出資する政府系金融機関として、民間にとって難しい長期の事業やリスクが高い案件への投融資を手掛けている。

 東京都内で同日記者会見した渡辺氏はこうしたリスクマネー供給の重要性を強調し「取引先や社会の要請に応える強くしなやかな金融機関とする」と抱負を述べた。

 今後は民間金融機関と協力して新たな案件を掘り起こす。特に地方銀行との関係を強化し、地場産業の再生や事業承継などの分野で貢献したい考えだ。渡辺氏は「(政投銀は)本店で1200人余りの小さな組織だ。地銀やメガバンクを含む大きなネットワークに入れてもらう必要がある」と指摘した。

 政投銀の前身の日本開発銀行時代からトップに財務省や旧大蔵省の出身者が多く、2015年に就任した柳氏が初めての生え抜き社長だった。今回の人事で会長に就いた木下氏は元財務次官で、主に政府や財界との関係構築に当たる。