アマゾン、米で医薬品参入 ネット薬局買収へ

ネット薬局「ピルパック」のロゴの入ったプレート(上)=28日、マサチューセッツ州(ロイター)
ネット薬局「ピルパック」のロゴの入ったプレート(上)=28日、マサチューセッツ州(ロイター)【拡大】

 米インターネット通販大手アマゾン・コムは28日、米オンライン調剤薬局「ピルパック」を買収すると発表した。買収額は明らかにしていない。今年後半に買収手続きを完了させ、米国で処方薬を含めた本格的な医薬品販売に参入する。

 アマゾンは昨年、米高級スーパーのホールフーズ・マーケットを買収し、実店舗運営にも本格的に乗り出し、業容を拡大している。

 米株式市場では「アマゾン・ピルパック連合」と競合するドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスなどの株価が一時、大きく下落した。

 ピルパックは利用者の処方箋に応じて、薬を毎回の利用分ごとに小分けし、配送するサービスが特徴。利用者は錠剤を数える必要がなく、薬を管理しやすい。

 またアマゾンは、配送能力を増強するため、小規模な宅配事業の起業を支援すると発表した。1万ドル(約110万円)でも始められ、アマゾンがリース車両などを提供する。(共同)