三菱UFJモルガンに2億円課徴金

 証券取引等監視委員会は29日、三菱UFJモルガン・スタンレー証券に対して、金融商品取引法に基づき2億1837万円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告したと発表した。長期国債先物の取引で相場を操縦して利益を得ていた。見せ掛けの注文を出す「見せ玉」で取引が盛況なようにみせかけていた。国債の先物取引に関して証券会社への勧告は初めて。