【CMウォッチャー】出川哲朗さんと「ふてニャン」がカーリングで熱演 「ワイモバイル」 (1/3ページ)

ワイモバイルのイメージキャラクターのふてニャン
ワイモバイルのイメージキャラクターのふてニャン【拡大】

  • ワイモバイルのCMでカーリングに熱中する出川哲朗さん
  • ワイモバイルのCMでカーリングに熱中する出川哲朗さん
  • ワイモバイルのCMでカーリングに熱中する出川哲朗さん
  • ワイモバイルのマスコットキャラクターのふてニャン
  • ワイモバイルのCMに出演する出川哲朗さん
  • ワイモバイルのCMでカーリングに熱中する出川哲朗さん

 日本勢のメダルラッシュに沸いた平昌五輪から早くも約4カ月が経過したが、テレビCM業界ではまだまだ熱気は冷めやらぬ様子。ソフトバンクの格安携帯電話ブランド「ワイモバイル」のCM「カーリング編」では、今やすっかり人気者になったお笑いタレント、出川哲朗さん(54)がカーリングに挑戦している。美女のかけ声に夢中になるあまり、リンクを飛び出し町中の道路やショッピングモールをゴシゴシ。行き着いたその先は…。

 6月1日から放映されているCMは30秒のロングバージョンと15秒のショートバージョン2種類。「まずはこのショットはうまくいくかどうか」。30秒バージョンは緊迫した実況の声に、真剣の面持ちの美女がイメージキャラクターの猫「ふてニャン」の乗ったストーンをゆっくりと放つ。

 カーリング女子日本代表で銅メダルを獲得したチーム「LS北見」を彷彿(ほうふつ)とさせる「いいよー」や「掃いて」を意味する「ヤップ」などのかけ声につられてか、夢中でスイープする出川さんはいつの間にか競技場の外に。

 「危ない、どいて、どいて」と人だかりをかき分けて進んでいく。ショッピングモールの中では、不機嫌そうな表情のふてニャンと対照的に、出川さんは女子高校生にスマートフォンのカメラを向けられると「撮って、撮って、イェーイ」とVサインで応える。エスカレーターでは、なぜかストーンが止まって出川さんと一緒に降りていくというコミカルな一幕も。

一心不乱にスイープ