リンクスが映像ソリューション販売 ドローン撮影など企業支援

事業説明するリンクスの村上慶社長=東京都千代田区
事業説明するリンクスの村上慶社長=東京都千代田区【拡大】

 画像処理用のハードウエアやソフトウエアなどを扱う技術商社、リンクス(横浜市青葉区)は、イメージセンサーや超小型カメラと画像処理システムを組み合わせたエンベデッド・ビジョン事業を本格展開する。ドローンによる映像撮影や各種監視カメラ、サービス用ロボット、家庭内をネットワーク化するスマートホーム、自動運転など映像関連の製品やシステムを必要とする企業に、コンサルティングや、設計・製造を含めたソリューションを売り込む。

 同社は、プリント基板の設計・製造会社であるアイティエスエンジニアリング(東京都青梅市)をM&A(企業の合併・買収)で傘下に収め、6月25日付で「リンクスアーツ」に社名を変更。エンベデッド・ビジョン事業を担当する新会社とした。

 これまでリンクスは、工場内であらゆるモノをインターネットにつなぐ「インダストリアルIoT」の画像処理システムを扱ってきた。