【経済インサイド】ユニーク創業支援施設が続々誕生 ベンチャー企業活性化につながるか (1/3ページ)

AIなどに特化したジーエルシーの創業支援施設の様子(同社提供)
AIなどに特化したジーエルシーの創業支援施設の様子(同社提供)【拡大】

  • ガレージミナトの1階は町工場。図面がない起業家のアイデアもすぐに試作し、可視化できる=大阪市港区の成光精密(松村信仁撮影)
  • 多摩センター駅近くの商業ビルに構えるコワーキングCoCoプレイス=東京都多摩市(松村信仁撮影)

 全国各地でユニークな創業支援施設が続々と誕生している。モノづくりに焦点をあてたもの、女性の起業を後押しすべく託児機能を備えたもの、人工知能(AI)に特化したもの…。少子高齢化やITインフラの普及が進み、起業を志す人が増えてきたことも多様な創業支援施設の誕生につながっている。

 4月20日、大阪市港区に誕生した創業支援施設「ガレージミナト」は、金属加工の成光精密本社工場の2階にある。中に入ると、町工場の泥臭いイメージとはかけ離れたポップ(時流に乗った)でデザイン性あふれる空間が広がる。大阪湾に面した港区の工場ということもあり、壁には船の舵のオブジェがかけられていた。

 ベンチャー企業が入居する個室4室のほか、複数の起業家が共同作業できる「コワーキングスペース」、30~40人ほどが入れる製品発表会などに使える「オープンスペース」を備えた。

 1階にはマシニングセンター(MC、切削機械)などの工作機械が並び、「設計図がなくても、起業家のアイデアレベルでも目に見える形にできる」(高満洋徳社長)のが最大の特徴だ。

「海外のベンチャー、日本の中小製造業に大きな関心」