中国携帯大手の申請却下を 米商務省が勧告、安保理由

 米商務省は2日、中国の携帯電話最大手、中国移動通信による米市場参入申請を却下するよう、放送通信事業の規制監督を行う連邦通信委員会(FCC)に勧告したと発表した。米中間の摩擦は一段と激化しそうだ。

 米商務省は却下を勧告した理由を「安全保障上のリスク増大への懸念を解決できなかったためだ」と説明している。商務省によると、中国移動は2011年、米国内での通信サービス提供に向けてFCCに事業許可を申請していた。

 トランプ米政権は中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)や華為技術(ファーウェイ)への締め付けを強化してきた。米国内に行き渡った通信機器を通じて、軍事や産業の機密情報が盗まれることを懸念しているためだ。中国移動の申請を認めないのも同様の理由とみられる。(共同)