2021年度 首都大学東京入学者選抜(一般選抜)の実施教科・科目等について(予告)

 2018年7月3日(火)

 公立大学法人首都大学東京

 2021年度 首都大学東京入学者選抜(一般選抜)の実施教科・科目等について(予告)

 
首都大学東京では、2021年度入試(2020年度実施)以降の「大学入学者選抜における基本方針」(2017年11月10日公表)に基づき、2021年度入学者選抜(一般選抜)における実施教科・科目等を決定しましたので、予告公表いたします。
 2021年度入学者選抜(一般選抜)における重要なポイント
【全体】
(1)全ての学部・学科において後期日程を実施
 ・法学部法学科において「後期日程」の募集を開始します。
(2)調査書等を合格者の判定に活用
 ・高大接続、学力の3要素評価の観点から調査書を合格者の判定に活用します。
 ・評価項目や活用方法等の詳細は「学生募集要項」で公表予定です。
【大学入学共通テスト】
(1)マーク式問題と記述式問題の併用
 ・国語『国語』(※1)及び数学『数学I・数学A』は、マーク式問題と記述式問題を併用します。
 (※1)段階別評価の取扱いについては検討中。
(2)外部英語検定試験(認定試験)(※2)と大学入学共通テスト「外国語」の併用
 ・認定試験は独立行政法人大学入試センターが認定した全ての試験を対象とします。
 (※2)第1次選抜、第2次選抜のどちらで活用するかは検討中。
 ・外国語『英語』は、「筆記(リーディング)」と「リスニング」の両方を対象とします。
【個別学力検査】
(1)個別学力検査「外国語」の廃止
 ・外部英語検定試験(認定試験)の導入に伴い、個別学力検査「外国語」の試験を廃止します。
(2)記述式問題の出題
 ・これまでと同様、「思考力・判断力・表現力」を評価する記述式の問題を重視します。

 詳細は、以下をご覧ください。
●2021年度入学者選抜(一般選抜)における実施教科・科目等
別紙「2021年度 首都大学東京入学者選抜の実施教科・科目等について(予告)」
●2021年度入試(2020年度実施)以降の「大学入学者選抜における基本方針」
参考「平成33年度(2021年度)入試以降の大学入学者選抜における基本方針について」

 ※人文社会学部の2021年度入学者選抜(一般選抜)における実施教科・科目等や、全学部の募集人員、多様な選抜における選抜方法等については決定次第、本学ウェブサイトにて予告公表いたします。
 【掲載予定場所】https://www.tmu.ac.jp/entrance/revision/y2021.html