トヨタ、タクシー用ミニバン6000台超無償修理

 トヨタ自動車は4日、タクシー用ミニバン「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」6461台(昨年9月~今年6月生産)を無償で回収、修理する改善対策を国土交通省に届け出た。シフトレバーの誤操作を防ぐシフトロック装置の制御プログラムが不適切で、意図せずに車が動きだす恐れがあるとしている。

 国交省によると、埼玉県でバンパーが損傷する事故1件が起きた。シフトレバーが駐車用の「Pレンジ」に入っていた際、ブレーキと間違ってアクセルを踏んだところ、車が動きだし、花壇にぶつかったという。けが人はいなかった。

 シフトロックは、ブレーキを踏んだ状態でないと、Pレンジからレバーを動かせない仕組み。