新車販売「夏の陣」 主力車+先進技術で拡販狙う 市場活性化期待 (2/2ページ)


【拡大】

 SUBARU(スバル)は、同社の世界販売台数の約3割を占めるスポーツ用多目的車(SUV)「フォレスター」を今月、全面改良して発売する。初めてハイブリッド車(HV)モデルも設定した。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)によると、軽を除く登録車の今年上期の販売台数は前年同期比4.2%減の約173万台で3年ぶりに前年割れした。 (高橋寛次、臼井慎太郎)