イオン3~5月期連結、営業利益最高

 イオンは4日、2018年3~5月期の連結決算を発表した。住宅ローンなど総合金融事業が好調を維持したことで、売上高に相当する営業収益は前年同期比1.8%増の2兆1046億円だった。営業利益は、総合スーパー(GMS)事業の営業赤字幅が縮小したことなどで、同8.2%増の396億円となり、3~5月期として過去最高を更新した。最終利益は78.3%増の65億円。