楽天、球場観客席支払いQRコードで

 楽天は6日、プロ野球楽天の本拠地、楽天生命パーク宮城(仙台市)で観客席の売り子が販売する飲料の代金を、スマートフォンのアプリでQRコードを読み取ることで決済できるサービスを始めると発表した。西武戦が行われる7日に始める。野球場観客席の売り子販売で導入されるのは国内初という。

 楽天によると、アプリ「楽天ペイ」を使い、売り子が首から下げたプレートに記載のQRコードを読み取り、金額を入力する。アプリには支払い元のクレジットカード情報を事前登録し、同社のポイントをためたり、支払いに使ったりできる。