【ピックアップ】ダイナム、健康サポート休暇導入

「ダイナムなでしこプロジェクト」4期目の成果報告会
「ダイナムなでしこプロジェクト」4期目の成果報告会【拡大】

 ダイナム(東京都荒川区)は、7月より計画付与年休を拡大し、健康状態を確認することを目的に取得可能な「健康サポート休暇」を導入した。

 同社は「心身ともに健康で働き続けられることは会社の永続的な成長と発展に必要であるだけでなく、従業員とその家族の幸せに必要なことである」との考えのもと、従業員の健康意識を高め、早期発見・早期治療ができる環境を整備することを目的に同制度の導入を決めた。

 計画付与年休は、有給休暇を計画的に付与する制度であり、今後の有給休暇付与義務化や、政府が掲げる「2020年までに有給休暇の取得率を70%にする」という目標に向けて有効な施策とされている。

 同社正社員の有給休暇取得率は、既に約59.3%(17年度)と、厚生労働省「平成29年就労条件総合調査」の全国平均49.4%を大きく上回る水準に達しているが、このたびの「健康サポート休暇」の導入により、「6連続休暇」と「メモリアル休暇」とあわせて計画付与年休を年間6日から年間7日へ拡大。さらなる有給休暇の取得促進につなげていく。以下、ダイナムの計画付与年休制度の概要。「6連続休暇=年に1回、所定休日2日間とあわせて連続して6日間の休暇を取得できる」「メモリアル休暇=年に2日、誕生日や子供の運動会など記念日に取得できる」「健康サポート休暇=年に1日、二次検診や人間ドックなど健康状態を確認することを目的に取得できる」。

 また同社は6月19日、「ダイナムなでしこプロジェクト」の名称で取り組んでいる女性活躍推進活動を総括し、4期目の成果報告会を実施した。

 同プロジェクトは、「女性管理職候補の育成」「多様な人材が活躍できる企業風土づくり」「働きやすい職場環境づくり」を背景に、女性活躍推進の取り組みの一環として14年に発足。女性社員のロールモデルとなる管理職候補を育成するために、店舗・統括事務所・本部より選抜されたメンバーを対象にキャリアアップに必要なスキルを習得していく。メンバーの任期は1年間で、毎年メンバーが入れ変わる中、さまざまなタスクに従事する。なお、17年5月から18年6月までの取り組みは次のとおり。「他社交流会の実施」「女性活躍推進の情報レターの配信」「女性活躍推進HPの開設」「カムバック採用の導入」「マタニティセットの整備」「ハローベイビー休暇制度の提案」

 ダイナムでは引き続き、女性活躍推進に積極的に取り組んでいくとしている。