しわ改善美容クリーム 競争が激化 ポーラ・資生堂に続きコーセーが参入

 しわ改善効果をうたった美容クリームをめぐり、メーカーの競争が激化している。ポーラと資生堂が商品化で先行する中、コーセーがこの秋の市場参入を決めた。しわ改善は美白と並んでニーズが高く、アンチエイジング(抗加齢)化粧品の中でも異例の人気を集める。日本製化粧品の人気が高いアジア攻略の切り札にもなるため、各社とも中核商品と位置づけ、強化する構えだ。

 しわ改善クリームは、平成29年1月にポーラが独自の有効成分「ニールワン」を配合し、厚生労働省から効果を明示できる医薬部外品の承認を得た初の商品「リンクルショット メディカル セラム」を発売。インバウンド(訪日外国人客)人気もあり、1年で単品としては異例の130億円を売り上げる大ヒットとなった。昨年6月には資生堂が続き、やはり好調な販売を続けている。

 この2強に割って入ろうとしているのが、コーセーだ。今年9月に最高級ブランド「コスメデコルテ」、10月には量販店向け中価格帯ブランド「ワン バイ コーセー」で商品を投入。同社によると、有効成分として配合したビタミンBの一種「ナイアシンアミド」は、温度変化に強く、組み合わせる成分の制約が少ないのが特徴で、「化粧水などクリーム以外の商品投入も検討していく」と話す。

 これに対し、ポーラは6月、海外で初めて香港と台湾での販売を開始。タイや中国への投入も検討する。リンクルショットは今年も1~3月だけで34億円と好調な販売を維持しており、同社はコーセー参入で「(市場が)活気づく」と歓迎する。

 一方、商品点数で先行するのが資生堂だ。これまでに中価格帯の「エリクシール」と百貨店中心の「SHISEIDO」、専門店向け「ベネフィーク」で計3商品を投入。それぞれに、しわ改善効果を確認した成分「純粋レチノール」を配合し、SHISEIDOの商品は美白、ベネフィークの商品はしみ・そばかす予防機能を兼ね備えるなど個性を持たせ、より多くの消費者を囲い込む考えだ。