富士フイルム、AI研究で理研と新組織

 富士フイルムホールディングス(HD)は9日、理化学研究所と人工知能(AI)の共同研究開発を行う新組織を立ち上げたと発表した。理研が持つAIに関するノウハウと、富士フイルムHDが有する医療機器と高機能材料の知見を融合させて、新たな技術開発につなげる狙いがある。

 今月1日付で立ち上げた新組織は、「理研AIP-富士フイルム連携センター」。革新的なAIの基盤技術の研究開発を進める理研の革新知能統合研究センター(東京都中央区)内に設置し、9日から本格運用を始めた。

 文献やX線画像などの医学的知見と画像認識を融合させたAI活用型の医療機器のほか、AIを用いて新たな材料開発を進める。