アシックス、20年末までIPCとサプライヤー契約

契約の調印を行った尾山基アシックス会長(左)とアンドリュー・パーソンズIPC会長=9日、東京都千代田区
契約の調印を行った尾山基アシックス会長(左)とアンドリュー・パーソンズIPC会長=9日、東京都千代田区【拡大】

 アシックスは9日、国際パラリンピック委員会(IPC)とオフィシャルサプライヤー契約を締結したと発表した。2020年末までの契約期間中、アシックスのウエアなどを提供する。

 アシックスは今年まず手始めに、IPCスタッフが公式イベントで使用する公式ウエアや靴などを提供する。

 2020年のパラリンピック東京大会では難民選手団のほか、約60カ国の途上国に、約300人分の競技ウエアを提供する予定だ。

 東京都内で同日、アシックスとIPCによる契約の調印が行われた。尾山基アシックス会長は「世界中で行われるIPCの活動をサポートできるのは光栄でうれしい」と述べ、アンドリュー・パーソンズIPC会長は「(アシックスとの契約が)より広いパラリンピックムーブメントに利益をもたらす」と語った。