キリンHDと三井物産、米サプリ会社に共同出資

 キリンホールディングス(HD)と三井物産は9日、米サプリメント会社のソーンリサーチに共同で出資すると発表した。キリンが手掛けている「プラズマ乳酸菌」などをソーン社のサプリを通じて、米国で展開する方針だ。

 ソーン社の第三者割当増資をキリンHDと三井物産が引き受け、それぞれ発行済み株式の40%を保有する。

 各社の投資額は50億円強で、増資終了は10月の予定。

 ソーン社は高性能サプリの製造・販売会社で、医療従事者を通じて提供している。家庭用キットを利用した検査サービスも手掛け、個人に適した栄養をサプリで提供する「個別化栄養」の分野でも仕組み作りを進めている。

 キリンHDは、免疫の根本を強くし、風邪やインフルエンザのような症状が発症するリスクを低減するといった働きを持つプラズマ乳酸菌の国内事業強化に加え、海外展開を目指している。ソーン社を通じ、米国での早期販売につなげたい考えだ。