【口臭クイズ】ニンニクの臭いは牛乳を飲めば本当に抑えられるの?


【拡大】

 [画像1]https://digitalpr.jp/simg/550/28007/700_467_201807111252255b457ef9b88dc.jpg

 監修:花王株式会社 パーソナルヘルスケア研究所 歯学博士 矢納義高

 「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」は、公式サイト『ウェルラボ』(http://www.well-lab.jp/
)にて、新たなコンテンツを発表しています。以下にご紹介いたします。
----------------------------------------------------------------------

 仕事やデートの前日に、うっかりギョウザや焼肉などを食べてしまい、お口のにおいが気になってしまったことはありませんか? 今回は、ニンニクなどが入った料理を食べた後に発生する「飲食物由来の口臭」とその対策について、クイズ形式で紹介します。

 Q1:ギョウザや焼肉を食べた後の口臭は牛乳で抑えられる?

 A1:◯

 ギョウザや焼肉のたれなどに使われるニンニクには、「アリルメルカプタン」などの成分が含まれています。この成分が口の中に残ると、口臭の原因になってしまいます。

 牛乳などの乳製品には、それに含まれる乳脂肪分などによってアリルメルカプタンなどのにおい成分を洗い流す作用が期待できます。また、緑茶に含まれる茶カテキンには消臭効果も。飲食物による口臭が気になるときには、こうした飲み物をとるのがおすすめです。

 Q2:晩酌ではおつまみを食べず、お酒だけ飲めば満足できる。これなら歯磨きをしなくても口臭対策はOK?

 A2:×

 お酒の種類によっては糖質が含まれています。糖質が口中に残ると、これがエサとなって口の中の細菌がますます増えやすい環境に。また、糖質は口臭だけでなくむし歯の原因にもなるので、歯磨きをし直しましょう。

 口の中の細菌が最も多いのは、舌の上にくっついた「※舌苔(ぜったい)」【図(1)参照】。ここには細菌がかたまりになってこびりついているため、うがいをするだけで洗い流すことができません。

 また、殺菌作用のあるハミガキや洗口液を使った場合は、ある程度の効果は期待できますが、舌の上の細菌のかたまりを充分に取り除くことは難しいと考えられます。

 しっかり口臭対策をしたいなら、舌に直のせする泡タイプのハミガキがおすすめ。泡にはよごれを吸着しやすい性質があり、泡がきめ細かいほど多くの菌を吸着するため、細菌などのよごれをきちんと洗い流します。

 図(1)

 [画像2]https://digitalpr.jp/simg/550/28007/700_384_201807111252295b457efdd02f5.jpg

 ※舌苔(ぜったい)
舌苔とは、舌の奥にくっついた白いこけのようなもののこと。舌には「糸状乳頭(しじょうにゅうとう)」という細い繊維のようなものがたくさん生えています。その根元に細菌がたまりやすく、その細菌が繁殖すると細菌がつくるにおい物質も増え、口臭が発生しやすくなります。

 Q3:よく噛んで食べることは実は口臭予防にもつながる?

 A3:◯

 しっかり噛んで食べることは消化吸収を助けるとよく言われていますが、効果はそれだけではありません。唾液には本来、口の中を清潔に保つ働き(自浄作用)があります。噛むと唾液腺が刺激されて唾液の分泌量が増えます。唾液をしっかりと出すことで、口の中はよごれがたまりにくい環境になります。よく噛んで食べる習慣を身につけ、お口のにおい対策をしましょう。

 写真:PIXTA

 ---------------------------------------------------------
<本件に関するお問い合わせ先>
ウーマンウェルネス研究会 事務局
TEL:03-4570-3167 FAX:03-4580-9155 Email:info@well-lab.jp

 関連リンク
ウェルラボ ウーマンウェルネス研究会
http://www.well-lab.jp/
コーヒーが口臭の原因に!? 朝・昼・晩の口臭対策クイズ
https://www.well-lab.jp/201807/recipe/14668
歯周病・むし歯・口臭の原因&予防まとめ
https://www.well-lab.jp/tag/search_concern_periodontal-disease_dental_caries