テイクアウトで気軽に酒粕を楽しむ!戸越公園「お米や」が新潟発の発酵カフェスタンドとして7月14日リニューアル

Hacco to go!
Hacco to go!【拡大】

  • 人気の酒粕シェイク
  • 先着100名様に酒粕クッキープレゼント
  • ヘルシーなランチに酒粕カレー

 株式会社FARM8(所在地:新潟県長岡市、代表取締役:樺沢 敦)は、株式会社OWANが運営する店舗「お米や(所在地:東京都品川区戸越4-8-6)」をリニューアル、発酵専門のカフェスタンドとして共同運営し、2018年7月14日(土)にオープンします。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/161050/LL_img_161050_1.jpg
Hacco to go!

 「Hacco to go!」をテーマに、酒粕を中心とした発酵メニューをテイクアウトするスタイルの店舗となります。特に注目するメニューはここでしか味わえない「酒粕シェイク」で、乳酸菌発酵させた酒粕(さかすけ)をベースに無添加素材で調合され、完全植物性なのにまるでヨーグルトのような滑らかな味わいを楽しめます。他にも、酒粕ジェラート、酒粕チーズケーキ、酒粕カレーなど酒粕のイメージが180°変わるメニューが並びます。
7月14日のオープンを記念して、お買い上げいただいたお客様に先着100名様に、酒粕入りで「Hacco to go!」のマークの入った酒粕クッキーをプレゼントさせていただきます。

 【店舗概要】
店舗名 : お米や(2018年7月14日リニューアルオープン)
住所 : 〒142-0041 東京都品川区戸越4丁目8-6
運営 : 株式会社OWAN/株式会社FARM8
店舗テーマ: Hacco to go!酒粕カフェスタンド
メニュー : 酒粕シェイク・酒粕ジェラート・酒粕チーズケーキ・
酒粕カレー
商品物販 : 酒粕ソルト・甘酒ココア・甘酒ポタージュ 他
URL : http://farm8.jp/hacco-to-go

 【酒粕のチカラ】
酒粕は、古くから美容や健康を意識する方々に愛されてきました。日本酒の副産物で、発酵食品であることはもちろん、レジスタントプロテイン、ビタミン、ミネラル、葉酸と、含まれている栄養素も豊富で、その驚くべき栄養分から、美容と健康にうれしいスーパーフードと言われ、注目を集めています。
今回のメニューには、新潟県にある酒蔵の酒粕を使用しています。
そのなかでも新潟県醸造試験場が独自に開発した乳酸菌発酵酒粕「さかすけ」は、酒粕を特殊な製法技術を用いて乳酸菌発酵させたもので、もともと発酵食品である酒粕がW発酵することで、さらにパワーUPしたスーパーフードに変化します。酒粕シェイク、酒粕ジェラートにはこのさかすけを主原料として使用しています。