導入実績No.1中途採用支援システム「リクログ」と市場価値から本当のキャリアパスを見いだす転職求人サービス「ミイダス」の連携開始

リクログーミイダス連携
リクログーミイダス連携【拡大】

  • リクログーミイダス連携のメリット

 当社HRソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:武井 繁)が企画・開発・販売する中途採用支援システム「リクログ」と、総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職求人サービス「ミイダス」の連携を開始いたします。
本連携により、「リクログ」を導入している企業は、「ミイダス」経由の応募者を、人材紹介・求人広告・自社採用ホームページなど、ほかの経由の応募者と一括で管理することが可能になります。それにより応募者管理の煩雑さを解消し、よりスピーディな採用活動が実現します。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/160748/LL_img_160748_1.png
リクログーミイダス連携

 中途採用支援システム「リクログ」: https://www.reclog.jp/
転職求人サービス「ミイダス」 : https://miidas.jp/

 ■「ミイダス」と連携に至った背景
厚生労働省が2018年3月に発表した「労働市場分析レポート:転職市場の動向について」では、少子化や価値観の変化などを背景にした働き方ニーズから、多様な選考・採用機会の拡大を図る必要性が提示されています。また、株式会社帝国データバンクが2018年2月に発表した「人材不足に対する企業の動向調査(2018年1月)」では、正社員が不足していると答えた企業は51.1%に達し、2017年から7.2ポイント増加しています。人材採用を経営課題として挙げる企業が増える中、採用業務は変革を迫られています。
この様な背景の中、「リクログ」を導入する企業では既存の採用手法(人材紹介、求人広告、自社採用ホームページ)に加え、新しい採用手法(リファラル、ダイレクトソーシング)を取り入れることで、応募者の流入経路が多様化しています。それに伴い、流入経路毎の応募者管理が煩雑化し業務効率を求める声も強くなりました。以上の経緯を踏まえ当社は、転職求人サービス「ミイダス」との連携実施を決定しました。

 ■「ミイダス」について< https://miidas.jp/
「ミイダス」は、職務経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値を診断。転職希望者の適正年収を算出して条件に合致した求人をマッチングし、企業から面接が確約されたオファーが直接届く転職求人サービスです。2015年11月リリース以来、10,000社以上の企業が導入しています。

 ■連携のメリット
本連携により「リクログ」を導入している企業は、「ミイダス」にて集客を行った応募者を自動的にデータベース化し、個人情報管理をセキュアな環境で効率的に管理することが可能になります。
また「リクログ」に実装されているレポート機能は、1クリックで流入経路毎の効果分析をより簡単且つ詳細に行え、採用企業は自社に最適な採用手法の分析が可能になります。

 ■会社概要
会社名 : HRソリューションズ株式会社
所在地 : 東京都中央区日本橋3丁目10-5
オンワードパークビルディング10階
代表者 : 代表取締役 武井 繁
資本金 : 1億2,924万円
事業内容: 採用・雇用支援システム「ハイソル」、
採用業務支援システム「リクオプ」「リクログ」の
企画・開発・販売
URL : https://www.hr-s.co.jp/