「U18 IT夢コンテスト2018」の最終審査会を開催 -- 神奈川工科大学

 書類審査通過率は約10%の超難関!
狭き門をくぐり抜けた中高生たちが、夢の詰まった、創造性・個性豊かなアイデアを披露します。
最優秀賞はどの学校に?!

 神奈川工科大学(神奈川厚木市)が主催するIT夢コンテストは、全国の中学生・高校生・高専生(3年生以下)を対象に、IT(情報技術)で実現できる未来の社会や新たなサービスなどに関する「夢」を語ってもらうコンテストです。コンテストを通して、中学生・高校生・高専生のITに対する理解や興味を高め、創造力・問題発見能力・コミュニケーション能力を養うことを目的とします。

 この度、最終審査会に進出する33作品が決定しました。今年は応募書類総数が304作品と、これまでよりも多くの応募がありましたので、書類審査通過率は約10%となりました。最終審査会では、この厳しい審査を通過した中高生による発表会を行います。

 最終審査会では、初めに、ポスター発表形式による参加生徒同士の発表会を行い、他の生徒の作品を聴いたり質問したりして、お互いの作品への理解や交流を深めてもらいます。そして、参加生徒同士の投票によって「ピア賞」が決まります。

 参加生徒同士の発表会の後、発表の練習ができたところで、一次審査を実施します。一次審査では、審査員に向けて5分間で作品の発表を行います。そして、33作品の中から8作品が選出され、その後の最終審査でプレゼンテーションによる発表を大講堂で行ってもらいます。最終審査も5分間で発表をしますが、発表後に審査員との質疑応答があるため、最後まで気は抜けません。時には想定外のことを質問されることもあるため、これまでの知識や対応力が試されますが、これらの経験が参加した生徒の皆さんの成長に繋がっていくことを期待しています。

 さて、今年はどの8作品が最終審査に選ばれるでしょうか?
 そして、最優秀賞に選ばれるのはどの作品、どの学校でしょうか?

 最終審査会の様子はYouTubeによるライブ配信も行いますので、ご視聴ください。

 【最終審査会進出学校一覧】
弘前工業高等学校(青森県)
会津若松ザベリオ学園高等学校(福島県)
会津若松ザベリオ学園中学校(福島県)
水戸工業高等学校(茨城県)
伊勢崎工業高等学校(群馬県)
千葉英和高等学校(千葉県)
郁文館グローバル高等学校(東京都)
淑徳高等学校(東京都)
田園調布雙葉高等学校(東京都)
東京工業大学附属科学技術高等学校(東京都)
東洋女子高等学校(東京都)
町田総合高等学校(東京都)
明治大学付属明治高等学校(東京都)
湘南白百合学園高等学校(神奈川県)
藤沢清流高等学校(神奈川県)
三浦学苑高等学校(神奈川県)
元石川高等学校(神奈川県)
横浜創英高等学校(神奈川県)
三条商業高等学校(新潟県)
大垣工業高等学校(岐阜県)
岐阜総合学園高等学校(岐阜県)

 関商工高等学校(岐阜県)
科学技術高等学校(静岡県)
下田高等学校(静岡県)
神戸高等学校(兵庫県)
神戸商業高等学校(兵庫県)
名護商工高等学校(沖縄県)
美来工科高等学校(沖縄県)

 八重山商工高等学校(沖縄県)

 ■最終審査会
2018年7月28日(土)
■主催:神奈川工科大学
■協賛:神奈川新聞社、電子情報通信学会、情報処理学会
■後援:神奈川県教育委員会、厚木市教育委員会、神奈川県高等学校文化連盟、 (財)神奈川県私立中学高等学校協会、NTTサービスイノベーション総合研究所
■審査員:本学学長、教員、学生、協賛・後援団体からの審査員、久留米工業大学教授、蒼あんな・れいな(特別審査委員)
■Webサイト: http://kait.jp/yume/

応募方法その他の詳細は、IT夢コンテスト2018のWebサイトをご参照ください。

 ▼本イベントに関する問い合わせ先
 スクールパートナーズ内 「IT夢コン2018」事務局
 TEL:042-724-2750 受付時間 9:00~17:00(土日、祝日を除く)
 e-mail: yumecon2018@ic.kanagawa-it.ac.jp
 web: http://kait.jp/yume/

 ▼本件の報道に関する問い合わせ先
 神奈川工科大学 企画入学課 (担当:関口)
 〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030
 Tel:046-291-3002
 e-mail: kikaku@kait.jp
 web: http://www.kait.jp/

 【更新】本文の内容を更新しました。(2018/07/12 12:20)

 【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/