【講師のホンネ】PR上手は、愛され上手 大内優


【拡大】

 中小企業や個人事業主の夢をかなえるお手伝いをしている。具体的には、お金をかけなくても、コネがなくても、誰でもできるPRの方法を、講演を通して伝えている。昨年は15都道府県で合計227回開催し、延べ1万人を超える参加者があった。

 もちろん、誰しもがテレビに出演できたり、新聞に掲載されたりするわけではない。商品やサービスがメディアに取り上げられる人の特徴として、「持ち物3つ」を紹介する。

 1つ目は、新しい発想や切り口を持っている人だ。今まで誰もが気付かなかった、もしくは気付いていてもカタチにすることができなかった商品・サービスは、メディアにとっても新鮮で魅力的に見える。

 2つ目は、誰かを喜ばせたいという強い思いを持っている人。単に商品やサービスを売りたい、もうけたいでは、メディアには取り上げられない。世の中で困っている誰に喜んでほしいのか、を明確にする必要がある。

 3つ目は、自分の商品やサービスに責任を持っている人。扱う商品やサービスにどんな特徴があって、これからどうしていきたいのか、自分の言葉でしっかり説明できることも重要になる。

 この3つを持っている人が、テレビや新聞などのメディアで取り上げられ、ビジネスを発展・拡大できるのだ。

 しかし、これはメディアだけの話ではない。実は、これらを満たしている人は、パートナーから愛され、尊敬される人でもある。

 最新かつ人気のデートスポットを知っていて、相手のために尽くしてくれる。さらに、自分の発言に一貫性を持っていて、包容力があって、将来のビジョンもわかりやすく説明してくれる…。そんなパートナーがいたら、どうだろう? ほとんどの人が、相手を信頼し、心をわしづかみにされるのではないだろうか。

 メディアに取り上げられるというと、特殊なことのように捉えがちだが、そんなことはない。

 あなたが、パートナーを喜ばせるのと同じようにビジネスに向き合えば、メディアもあなたのことを応援してくれる。

 だから、私は今日も頑張るあなたにエールを送る。「テレビは見るものじゃない、出るものだ!」

                   ◇

【プロフィル】大内優

 おおうち・ゆう 1978年、福島県出身。メディア活用研究所代表。慶応大学卒業後、福島テレビで報道記者として勤務。現在は「中小企業・個人事業主のためのテレビ活用術」をテーマに、全国各地で講演を行う。第8回「全国・講師オーディション」第2位。