【夏休み・小学生】デイサービスで子ども参観日

デイサービスで働く姿を見学
デイサービスで働く姿を見学【拡大】

 日進市のデイサービスが夏休みを活用し、小学生が働く親の姿を見学する「子ども参観日」を実施します。

 夏休みも終盤にさしかかる平成30年8月22日(水)に、デイサービスはなのき日進(日進市北新町)にて小学生が働く親の姿を見学する子ども参観日を実施します。
子ども参観日を実施するきっかけとなったのは小学校3年生の加藤結翔くん(8)が家庭で「お母さんの働いているところを見てみたい」と話したことから、母親の康子さんが「将来の子どもの視野を広げる事や、高齢者との交流をさせてあげたい」という思いから勤務先の施設長に相談し、勤務する職員の子どもを対象に子ども参観日を実施することになりました。
康子さんが勤めるデイサービスはなのき日進は自立したシニアを増やし家族と一緒に笑顔になれる社会づくりを目指して、リハビリに特化したデイサービスとして日進市内を中心に150名ほどの利用者が通っています。
デイサービスはなのき日進の施設長で理学療法士の世古直毅(29)は「リハビリを頑張る高齢者の中で、いきいきと働く親の姿を見て、子どもたちに働くことへの関心を持ってもらうとともに、高齢者との関りにも興味を持ってもらいたい」と話します。