メルカリ、最終赤字70億円に拡大 18年6月期連結決算 米投資優先、売上高は大幅増

決算について説明するメルカリの山田進太郎CEO=9日午後、東京都港区
決算について説明するメルカリの山田進太郎CEO=9日午後、東京都港区【拡大】

 フリーマーケットアプリ運営のメルカリが9日発表した2018年6月期連結決算は、最終損益が70億円の赤字となった。注力している米国事業などへの投資を優先させ、42億円の赤字だった前期から赤字幅が拡大した。売上高は前期比62.0%増の357億円と大幅に増加した。

 6月に東京証券取引所の新興市場マザーズに上場してから初の決算発表。山田進太郎会長兼最高経営責任者(CEO)は「短期的な収益性を高めるのではなく、中長期の大きな成長を目指す」と強調し、今後も海外展開や技術革新への投資を続ける考えを示した。

 国内事業はフリマアプリの年間総取引額が49.5%増の3468億円と伸び、売上高を押し上げた。一方、米国事業の強化で大規模なブランド改革や広告戦略の費用がかさんだほか、新たな決済サービスなどの開発費が減益要因となった。

 上場に伴う市場からの資金調達などで、純資産は前期の44億円から544億円に増えた。