「上司を殴れる職業はレスラーと芸人だけ」棚橋弘至ら3人による濃厚プロレス鼎談 8 月 10 日(金)から電子書籍オリジナルで配信開始!

書影
書影【拡大】

  • 書影
  • トークイベント

 株式会社文藝春秋 電子書籍編集部では、『人生で必要な知恵はすべてプロレスのリングで学んだ【文春e-Books】』(棚橋弘至、ユリオカ超特Q、水道橋博士)を、8月10日から電子書籍オリジナルコンテンツとして配信いたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/162319/img_162319_1.jpg

 「今日は波乱が起きますよ……。最近のプ女子(プロレス好きの女性)を全く無視したトークになる気がします」(ユリオカ超特Q)

 今回の電子書籍は、7月4日(水)に文藝春秋西館で行われたトークイベント「棚橋弘至(新日本プロレス)×ユリオカ超特Q×水道橋博士 <人生で必要な知恵はすべてプロレスのリングで学んだ>」での3人の鼎談をもとにしています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/162319/img_162319_3.jpg
トークイベントの様子。電子書籍では棚橋選手の写真も増量掲載!

 人生で最初に志望した職業がプロレスライターで、専門誌に異様に長い原稿を送りつける中学時代を過ごした、水道橋博士。
立命館大学でプロレス同好会RWFを旗揚げ、リングアナとして自らの声を響かせた快感が忘れられず芸人の道に迷い込んだユリオカ超特Q。
プロレスラーに憧れてRWFへの入会を経て、新日本プロレスに入門。団体のV字復活の先頭に立った棚橋弘至。
プロレスに魅せられた男たちが、ディープなプロレス談義を繰り広げます。

 棚橋弘至「猪木さんに『ストロングスタイルって何ですか?」って訊いたら『知らねえよ』って返されたことがあって、いまだに『ストロングスタイルって何だろう』って考えてます」

水道橋博士「上司を殴ったり、ボロカスに笑いものにする、そういう表現ができる職業ってレスラーと芸人しかいないんじゃないかな」

ユリオカ超特Q「棚橋選手、たまにヒール的なところあるんですよね。僕、たまに気づく時あるんです」

 少年時代に抱いたプロレス妄想、地獄の60分フルタイム、プロレス超人列伝、棚橋選手の知られざる大学時代……。ヘビーなプロレスファンもプロレス初心者も夢中になる、笑いありマジメな話ありの濃厚なプロレス鼎談となっています。

 【著者プロフィール】
棚橋弘至(たなはし・ひろし)
1976年、岐阜県生まれ。99年、立命館大学卒業後、新日本プロレスに入門。同年にデビュー。2003年、吉江豊とのタッグでIWGPタッグ王者に。04年には中邑真輔とのタッグで再びIWGPタッグ王座を獲得する。06年、初めてIWGPヘビー級王座に。09年、武藤敬司を破り、再びIWGPヘビー級王座を獲得。11年にはIWGPヘビー級王者として約1年間で11度となる当時の最多防衛記録を樹立する。14年、中邑を下してIWGPインターコンチネンタル王者となる。17年6月、ケガによるベルト戦線への長期離脱から復活、内藤哲也を破り、第16代IWGPインターコンチネンタル王者に。得意技はハイフライフロー、スリングブレイド、ドラゴンスープレックス、テキサスクローバーホールド。決め台詞は「愛してま~す!」。特技はエアギター。

 ユリオカ超特Q(ゆりおかちょうとっきゅう)
1968年、兵庫県生まれ。熱狂的なプロレスファンであり、立命館大学に入学後、立命館大学プロレス同好会(RWF)の旗揚げにも参加。プロレス実況を担当し話術を鍛えたことにより、芸人の道を志す。大竹まことに師事後、現在はピン芸人として活動中。藤波辰爾など多くのプロレスラーのモノマネ芸を得意とする。のちにRWFに入会した棚橋弘至は後輩にあたり、現在も親交が続いている。

 水道橋博士(すいどうばしはかせ)
1962年、岡山県生まれ。ビートたけしに憧れ上京するも、進学した明治大学を4日で中退。弟子入り後、浅草フランス座での地獄の住み込み生活を経て、87年に玉袋筋太郎と漫才コンビ・浅草キッドを結成。90年のテレビ朝日『ザ・テレビ演芸』で10週連続勝ち抜き、92年テレビ東京『浅草橋ヤング洋品店』で人気を博す。幅広い見識と行動力から守備範囲は芸能界にとどまらず、スポーツ界、政界、財界にまで及ぶ。著書に『はかせのはなし』『藝人春秋』他多数。

 【書誌情報】
『人生で必要な知恵はすべてプロレスのリングで学んだ【文春e-Books】』(棚橋弘至、ユリオカ超特Q、水道橋博士)
配信開始日:2018年8月10日
URL:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/1692056000000000000F

 【関連書籍】
『Number PLUS プロレス総選挙2018』(Number編集部)
発売日:2018年7月10日
URL:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/1600823500000000000B

 『棚橋弘至が語る「2011年の新日本プロレス」【文春e-Books】』(柳澤健)
発売日:2017年7月10日
URL:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/1692042800000000000W

 【配信書店】
Kindleストア、iBooks Store、楽天Kobo、Reader Store、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto、COCORO BOOKS他、電子書籍を販売している主要書店

 ■「文春e-Books」とは?
「文春e-Books」は、電子発のオリジナルコンテンツです。週刊文春、月刊文藝春秋の記事連載のまとめもの、電子のみ発売の小説、オリジナル電子写真集など、「紙では読めない本」をコンセプトに新しいコンテンツを提供しています。