青山学院大学地球社会共生学部 岡部篤行教授が2018年の国際地理学連合(International Geographical Union)桂冠名誉賞(Laureat d'honneur awards)を受賞

 青山学院大学地球社会共生学部教授の岡部篤行氏が、国際地理学連合(International Geographical Union)において、国際的規模で地理学の発展に貢献し、また国際地理学連合の活動に顕著な役割を果たした人に与えられる賞である「桂冠名誉賞」(Laureat d’honneur awards)を受賞した。

 国際地理学連合は、1922年に設立された地理学に関する世界最大規模の学術連合である。その学術連合の「桂冠名誉賞」は、国際的規模で地理学の発展に貢献し、また国際地理学連合の活動に顕著な役割を果たした人に与えられる賞で(注1)、2018年は青山学院大学地球社会共生学部教授の岡部篤行氏が受賞した。
授賞式は2018年8月10日、カナダのケベックで開催された国際地理学連合大会において行われた。

 <受賞理由>(注2)
岡部篤行教授は、国際地理学連合(IGU)の日本国委員会(代表)、IGUの数学的モデル研究委員会(執行委員)、国際地理情報科学会議、欧州地理情報研究室連合(AGILE)に大きな貢献をした。彼は、IGU京都国際地理学会議の組織化に多大な役割を果たし、大きな成功を収めた。また、日本の地理情報システム学会の組織化にも大きな役割を果たし、アジアの地理情報学会を含む国際的な学術交流を大きく推進した。彼は、11の国際的地理学術誌の編集長や編集委員を務めた。彼の著書には、5600(注3)以上の国際学術誌で引用されている『空間分割』(注4)、ワールドブック賞(注5)を得た『地理情報システムを活用したイスラーム地域研究』(注6)、地理的分析の新開地を開いた『ネットワーク上の空間分析』(注7)などがある。米国地理学会では、岡部教授を称える集会が行われた(注8)。彼は、2018年のIGUの桂冠名誉賞を受賞するに相応しい人である。

 <プロフィール>
岡部篤行(おかべ あつゆき)
1975年ペンシルバニア大学博士課程修了(Ph.D.)、1977年東京大学博士課程修了(工学 博士)。1977年筑波大学講師、助教授を経て、1980年東京大学助教授、1990年同大教授。
2009年に青山学院大学総合文化政策学部教授として就任し、2016年より同大地球社会共生学部教授。

 ※注1 原文
Nominees for the laureat should have contributed significantly to the advancement of geography at the international scale as well as having played a prominent role in IGU affairs.

 ※注2 原文
Professor Atsuyuki Okabe has contributed greatly to the IGU National Committee (Japanese representative), IGU Mathematical Models Commission (full member), International GIScience Conference, Association of Geographic Information Laboratories in Europe (AGILE). He played an extraordinary role in organizing Kyoto IGU Conference, which was highly successful, as well as in the GIS Association of Japan, which promoted substantial international exchange, including with other Asian GIS Associations. He has served as an editor or editorial board member of 11 international geographical journals. His books include Spatial Tessellations, which has been cited in more than 5,600 international papers; Islamic Area Studies with GIS was awarded the World Book Prize; and Spatial Analysis along Networks opened a new frontier in geographical analysis. Sessions in honour of Professor Okabe have been held at the AAG. He is a deserving recipient of an IGU Laureat d'Honneur Award for 2018.

 ※注3
2018年8月2日時点では、Google Scholarで5,973の学術論文に引用と掲示されている。

 ※注4
Okabe, A., Boots,B., Sugihara, K. and Chiu, S.N. (2009) Spatial Tessellations: Concepts and Applications of Voronoi Diagrams. Wiley series in Probability and Statistics, Chichester: John Wiley.

 ※注5
The World Award for Book of the Year of the Islamic Republic of Iran, 2006.

 ※注6
Okabe, A. ed. (2004) Islamic Area Studies with Geographical Information Systems.
London: RoutledgeCurzon.

 ※注7
Okabe, A. and Sugihara, K. (2012) Spatial Analysis along Networks. Wiley series in Statistics in Practice. Chichester: John Wiley.

 ※注8
American Association of Geographers, Annual Meeting at San Francisco,April 17-21, 2007.
A Theme Issue on Spatial Analysis and GIScinece in Honor of Atsuyuki Okabe. Journal of Geographical Systems, vol.11(2), 2009.

 ▼取材・撮影に関する問い合わせ先
 青山学院大学 政策・企画部 大学広報課
 TEL:03-3409-8159
 FAX:03-3409-3826

 【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/