アップル、新製品で攻勢 12日発表 アイフォーンやウオッチ注目 (1/3ページ)

米カリフォルニア州サンフランシスコにあるアップルストアの前を歩く男性ら。アップルは12日、アイフォーンの新機種などを発表する=8月2日(ブルームバーグ)
米カリフォルニア州サンフランシスコにあるアップルストアの前を歩く男性ら。アップルは12日、アイフォーンの新機種などを発表する=8月2日(ブルームバーグ)【拡大】

 米アップルは12日、新製品の投入キャンペーンを開始する。過去1年は小幅なアップデートのみにとどまっていたが、今年は新製品の投入攻勢をかけることで、ホリデー商戦を含む四半期の売り上げアップを目指す。

 大きな変更は来年

 年末にかけて投入する新製品は主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種3モデルをはじめ、タブレット端末「iPad Pro(アイパッド・プロ)」の改良版やウエアラブル端末「アップル・ウオッチ」、ノート型パソコン(PC)「MacBook」の低価格モデル、プロフェッショナル仕様の小型デスクトップPC「Mac mini(マック・ミニ)」、ワイヤレス充電マット「AirPower(エアパワー)」などだ。

 カリフォルニア州クパチーノにある同社本社の「スティーブ・ジョブズ・シアター」で12日開催されるイベントを皮切りに一連の新製品が発表される。なかでも注目の的はアイフォーンの新機種だ。アイフォーンは今も同社で最も重要な製品と位置付けられる。売上高の約3分の2を占め、他のアップル製品やアプリ購読、映画ダウンロード、クラウドストレージなどサービスの購入を促している。

続きを読む