トヨタ「レクサス ES」 サイドミラー代替にカメラ 量産車初

「レクサスES」の設定の一つとして、サイドミラーの替わりに搭載されるカメラ
「レクサスES」の設定の一つとして、サイドミラーの替わりに搭載されるカメラ【拡大】

 トヨタ自動車は12日、10月下旬に国内で発売する高級車ブランド「レクサス」の新型セダン「ES」で、サイドミラーの替わりにカメラを選べる設定を用意すると発表した。サイドミラーの位置にカメラを取り付け、車両左右後方の映像を運転席、助手席の前に設けた5インチのモニターで確認できる。トヨタによると、量産車での採用は世界で初めて。

 右左折や後退に合わせてモニターに表示する範囲を自動で拡大するほか、運転者の操作でも表示範囲を広げられる。カメラは水滴が付きにくい形状とし、天候や時間帯に応じてモニター映像の明るさが自動で調整されるため、雨天や夜間でも見やすくなるという。

 ミラーより一回り小さくなるため、斜め前方の視界が広がり、高速走行時の風の音も小さくなるという。上級グレードに追加料金を支払うと取り付けられる。海外での導入は未定だ。

 ミラーの替わりにカメラを採用できるように国際基準が変更されたことを受け、国土交通省は2016年6月に「道路運送車両の保安基準等」を改正。これまでの乗用車ではできなかった性能やデザインの実現が期待されていた。