日立、2階建て鉄道車両受注 イタリアで300億円規模 20年6月運行予定

日立製作所がイタリアで納入を予定する2階建て鉄道車両のイメージ(日立製作所提供)
日立製作所がイタリアで納入を予定する2階建て鉄道車両のイメージ(日立製作所提供)【拡大】

 日立製作所は13日、イタリアの鉄道会社FNMから2階建て電車120両(30編成)を2億3751万ユーロ(約300億円)で受注したと発表した。最大で120編成を供給する契約を結んでおり、今後さらに受注を見込む。

 受注した電車は通勤型で、消費電力を従来比30%削減し、騒音も抑えた。

 日本国内で培った技術を活用し、日立が3年前に買収した現地子会社の日立レールイタリアが設計と組み立てなどを行う。イタリア北部ロンバルディア州の路線で2020年6月から運行する予定。

 日立は海外強化の成長戦略として鉄道事業を位置付けている。欧州各国では鉄道車両の更新需要があり、こうした受注を重ねることで、実績をアピールしていきたい考えだ。