【経済インサイド】猛暑で脚光浴びる「テレワーク」 東京五輪の混乱解消の“切り札”となるか (1/3ページ)

三井不動産が運営するシェアオフィス「ワークスタイリング」の内部
三井不動産が運営するシェアオフィス「ワークスタイリング」の内部【拡大】

  • 三菱地所が、和歌山県白浜町に設置する「南紀白浜ワーケーションオフィス(仮称)」の完成イメージ図
  • テレビ会議に参加する野田総務相(右端)=7月24日、東京都中央区
  • 積水ハウスはモデルハウスの「サテライトオフィス」化をにらみ、展示場でテレワークを行った=7月23日、千葉県市原市
  • 共有オフィスで同僚と打ち合わせをする富士通の社員=7月、横浜市西区
  • 平日の昼間は閑散としているJR千駄ケ谷駅周辺だが、東京五輪の期間中は大混雑が予想される(伊藤俊祐撮影)

 働き方改革の推進に伴って、職場に出勤せず、インターネットを使って自宅や共有オフィスで仕事をする「テレワーク」の取り組みが広がっている。総務省が7月に実施した全国イベント「テレワーク・デイズ」には1700近い団体が参加。前年の8割増という実績を残した。一般的な認知度は決して高くないが、2020年東京五輪・パラリンピックや猛暑が後押しする格好となっているようだ。

 「五輪期間中、本社ビルの周辺は人であふれて車も動かなくなることも予想される。通常業務ではなく本社の受け付けでジュースでも売った方がいいのでは」。冗談交じりにこう語るのは、「ライオンズマンション」で有名な大京の小島一雄社長だ。

 本社(東京都渋谷区)の最寄り駅の一つが、東京五輪メーン会場である新国立競技場の「玄関口」であるJR千駄ケ谷駅と都営地下鉄大江戸線の国立競技場駅。両駅から徒歩約8分の場所にあり、周辺を含め約1000人のグループ社員が働いている。

 大京を除き、周辺エリアに本社を構える大企業はない。そんなこともあって千駄ケ谷駅の乗車人員は1日当たり1万9015人と少ない。JR東日本が管轄する駅の中では200番目で、首位の新宿駅のわずか5%という水準だ。東京都内の知名度が高い駅で千駄ケ谷を下回るのは、武蔵野線の府中本町(府中市)や南千住(荒川区)など限られている。

 しかし、五輪期間中は通常と異なる光景に直面することになる。新国立競技場の収容人数は8万人で、その多くが千駄ケ谷駅を利用するとみられるからだ。時間帯によってはホームや改札に人があふれるのは必至で、大京の社員も混乱に巻き込まれ、日常業務に支障をきたす可能性は大きい。

「ワーケーション」という働き方