超長距離20時間飛行へ前進 カンタス航空、旅客機の設計めど (1/2ページ)

 飛行時間20時間の超長距離フライトの構想が大きく前進したもようだ。豪カンタス航空は「プロジェクト・サンライズ」と銘打つ事業計画で、2022年までにオーストラリア東海岸とロンドン、ニューヨークを結ぶ直行便の実現を目指している。カンタスのジョイス最高経営責任者(CEO)はインタビューで、協働する2大航空機メーカーが20時間のフライトを実現する技術開発に成功したと明らかにした。

 カンタスは約1年前に米ボーイングと欧州エアバスに対し、シドニー発ロンドン行き、あるいはニューヨーク行きの直行便を可能にする旅客機の設計を要請。ジョイスCEOはこのほど、両社がこの課題をクリアしたと述べた。同CEOは「実現できる手段が備わったと思い、安心している」と自信を見せた。

 プロジェクト・サンライズでは、約300人の乗客と荷物をこれまでの通常旅客サービス史上で最も遠くまで運べる機体を必要とする。22年にシドニー・ロンドン間ルートが実現すれば、オーストラリアから米州や欧州、アフリカの主要都市を結ぶ直行便が続く可能性がある。

 機内は長距離フライトを考慮したデザインを想定している。ジョイスCEOは「われわれは自身に、既成概念にとらわれない考え方を課している」とし、「エクササイズやバー、託児所、寝室、寝台など、飛行機に乗る以外のアクティビティー向けスペースはあるのか。ボーイングとエアバスからは実際、かなり独創的なアイデアが出ている」と話した。

続きを読む