MTG、スタートアップ支援新会社設立 美容・健康関連に特化、投資枠50億円 (1/2ページ)

スタートアップ投資の新会社設立で記者会見するMTGの松下剛社長(右)と、新会社の藤田豪社長
スタートアップ投資の新会社設立で記者会見するMTGの松下剛社長(右)と、新会社の藤田豪社長【拡大】

 「シックスパッド」など健康や美容機器を企画開発するMTGは、美容や健康関連に特化したスタートアップ企業を支援するための投資会社を1日付で設立した。投資枠は50億円で、4年をめどに約30社に投資したい考え。1社当たり1億~2億円を想定しており、将来は中国など海外ベンチャーへの投資も視野に入れている。

 美容、健康、食料、スポーツ関連技術のスタートアップ企業に投資し、MTGの持つ国内外の販売網やブランド構築力、経営のノウハウを提供して、成長を支援する。

 新会社「MTGベンチャーズ」(名古屋市中村区)の社長には、ジャフコの中部支社長を務めた際にMTGを担当し、東証マザーズ上場を支援した藤田豪氏が就任した。

 藤田氏は同時に、MTGの執行役員にも就任し、新会社を通じて有望な技術を発掘すると同時に、「自社開発商品との相乗効果も目指し、一緒に成長していきたい」と抱負を述べた。

続きを読む