香港貿易発展局、11月に都内でシンポ

 香港貿易発展局は11月1日、日本との経済協力強化に向けたシンポジウム「シンクグローバル、シンク香港」を都内のホテルで開催する。日本貿易振興機構(ジェトロ)などとの共催で、香港と日本から2500人以上の企業、政府関係者の参加を見込む。

 香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が公務として初来日し基調講演を行うほか、双方の企業トップがビジネス提携について語る。テーマ別分科会、商談会などもある。

 先ごろ都内で会見した同局の葉沢恩上席副総裁は「日本企業は香港のパートナーと組むことで、幅広いビジネスチャンスをつかめる」と述べた。

 入場無料で、事前登録が必要。詳細は公式サイト(www.thinkglobalthinkhk.com)まで。