KDDI、キッザニア運営子会社化 名古屋に5G整備施設開設

キッザニアを運営するKCJGの住谷栄之資社長(左端)とKCJGを子会社化したKDDIの高橋誠社長(右端)=10日、東京都江東区
キッザニアを運営するKCJGの住谷栄之資社長(左端)とKCJGを子会社化したKDDIの高橋誠社長(右端)=10日、東京都江東区【拡大】

 KDDIは10日、子供向け職業体験テーマパークの「キッザニア」を運営するKCJグループ(KCJG)を子会社化し、2020年度に「キッザニア名古屋」(名古屋市)を開業する計画を発表した。10月1日付でKCJG株の過半を取得した。新施設に高速大容量の第5世代(5G)移動通信方式を整備し、モノのインターネット(IoT)などを活用した職業体験ができるようにする。

 取得金額は非開示。KDDIの高橋誠社長は「新しい施設に5Gなどの最先端技術を張り巡らせる。新しいキッザニアを共創する」と子会社化の意義を述べた。キッザニア名古屋の出展企業や展示内容は未定だが、遠隔医療など、IoTを生かした職業体験を中心にする。KCJGの住谷栄之資(えいのすけ)社長は「未来の仕事を想定した提案をしたい」と話した。

 また、人手不足に悩む地方の間で、5Gの実用化に伴うIoTの普及が特に期待されている点を考慮。農業や漁業、伝統産業など、施設外での職業体験にも力を入れる。

 子供の職業体験を通じ、地方の自治体や企業との連携を強化し、5Gの全国導入を後押しする狙いがある。高橋社長は「5Gで地方創生を盛り上げる」と意気込む。

 キッザニアは現実にある企業が出展し、子供たちが職業体験できる施設。名古屋は東京(東京都江東区)、甲子園(兵庫県西宮市)に次ぐ国内3カ所目となる。KCJGは福岡市での開業も検討している。