アプライドサイエンス、3分でフル充電のスマホ用電池 長寿命で安全性も向上

3分で充電可能なリチウムイオン電池を発表するアプライドサイエンスの鵜沢正和社長(左)とクンプラン・パワーネットのリャン・テックメン社長
3分で充電可能なリチウムイオン電池を発表するアプライドサイエンスの鵜沢正和社長(左)とクンプラン・パワーネットのリャン・テックメン社長【拡大】

 各種バッテリー開発製造のアプライドサイエンスは、3分間でフル充電ができるスマートフォン用リチウムイオン電池を2019年春に発売する。繊維・精密機器加工を手掛けるマレーシアのクンプラン・パワーネットと業務提携し、ライセンス生産権を付与した。

 クンプランは今回の提携を機にバッテリー事業に参入して製造を担当する。19年度内に電気自動車(EV)用電池の出荷も計画している。

 超高速充電池の原材料は、既存のリチウムイオン電池と同じ。アプライドサイエンスが開発した「クラスター微細化技術」を活用し、電気を起こす反応に関与する物質を電極の表面に満遍なく塗布することに成功した。このため電気抵抗が小さくなって効率が高まり、高速充電が可能になった。

 充電時の発熱量が減ったほか、サイクル寿命も一般的なリチウムイオン電池の約500回に比べ、3倍の約1500回で長寿化している。

 とくに電池内部の抵抗が小さいため保護回路が簡易化できることにより、発煙、発火、爆発などがなく安全性も高くなっているという。スマホ向けリチウムイオン電池本体の価格は従来製品とほぼ同等を予定しているが、専用充電器は高出力であるため、価格は高めになると見込んでいる。

 国内で主要部品を製造し、その他の部品を海外で生産する。最終的な組み立ては日本で行い、認証を取得することを検討している。

 月産5万台からスタートし、19年春から量販店や通販サイトで販売する。

 アプライドサイエンスの鵜沢正和社長は「地球環境保護のため、有効に活用してもらいたい」と話している。

【会社概要】アプライドサイエンス

 ▽本社=千葉県市川市新井3-13-14

 ▽設立=2009年2月

 ▽資本金=100万円

 ▽従業員=5人

 ▽事業内容=リチウムイオン電池の開発、製造、販売