ファーウェイがデジタル変革を加速するAI + Digital Platformを発表

 ファーウェイがデジタル変革を加速するAI + Digital Platformを発表

 AsiaNet 75676 (1845)

 【上海2018年10月11日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネス・グループ(Huawei Enterprise Business Group)は11日、HUAWEI CONNECT 2018で「Power of the Platform(プラットフォームの力)」をテーマに、同社の新たなデジタルプラットフォーム戦略によって、政府と企業がいかにしてデジタルトランスフォーメーションを加速し、新たなレベルのイノベーションと成長を実現していけるのかを共有した。ファーウェイはまた、業界横断的な様々なシナリオに対応する「AI + Digital Platform(AI + デジタルプラットフォーム)」を発表。天津・浜海新区と提携した、新しいAI + Digital Platformの採用をベースとするスマートシティーづくりも明らかにした。さらにファーウェイは、中国に本社を置く大手不動産開発会社、Vanke(万科)が、成長と競争力強化に向けた事業の再構築のために実装している新しいスマートキャンパスソリューションを公開した。

 ▽プラットフォームの力がデジタルトランスフォーメーションを加速

 ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネス・グループのプレジデントであるヤン・リダ氏は「デジタルトランスフォーメーションは、体系的なアプローチと、物理的世界とデジタル世界を統合するための様々な技術の集中を必要とする複雑なプロセスだ。ファーウェイは、パートナーが業界固有のアプリケーションを統合できるようにするICTプラットフォームを使用し、顧客のプラットフォームベースのビジネスの実現にコミットしている。このように、ファーウェイのプラットフォームは「肥沃な土壌」として機能し、業界エコシステムの成長を可能にし、当社のエコシステムパートナーとともに様々な産業のデジタルトランスフォーメーションを推進している」と語った。

 ▽ファーウェイが「Digital Platform + X + Ecosystem」アプローチを概説

 ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネス・グループは、デジタルトランスフォーメーションを加速するための長期戦略を顧客に提供する「Digital Platform + X + Ecosystem(デジタルプラットフォーム+ X +エコシステム)」アプローチを紹介した。デジタルプラットフォームを基盤として、AI、IoT、ビッグデータ、セキュリティー、ICP、ビデオなどの新しい機能(「X」)とこれらのセクターを統合する業界対応のプラットフォームである。

 ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネス・グループのマーケティング&ソリューション販売部門プレジデントであるリュー・チー氏は「ファーウェイのデジタルプラットフォームは3つのコアアドバンテージを提供する。それは、フルスタック、オープンで、複数の業界にまたがる企業をサポートする。自己開発チップ、数学的アルゴリズム、アーキテクチャー設計の能力を活用し、われわれはデバイス、IaaS、 SaaSレイヤー、そしてエコシステムパートナーと共同してのSaaSレイヤーなどのフルスタック・ソリューションを開発している。フルスタック・プラットフォームを実装することで、顧客は独自のデジタルテクノロジープラットフォームや機能の構築に貴重なリソースを費やすことなく、事業のイノベーションに集中することができる。ファーウェイは、業界横断的に標準化した水平ソリューションを提供している。われわれのデジタルプラットフォームは、プライベートクラウドとパブリッククラウドの両方をサポートしているため、幅広いシナリオで使用することができる。加えて、ファーウェイはオープンで誰にもメリットのあるエコシステムを構築しており、当社の製品、ソリューションは他のプロバイダーのそれらと相互運用可能で、顧客はそれぞれ固有の要件に合わせて最適なソリューションを自由に使用することができる」と語った。

 リュー氏は「ファーウェイのオープンなアプローチに忠実なこのデジタルプラットフォームは、パートナーが上位レイヤーのアプリケーションを素早く開発し、顧客が基礎的技術の統合より事業価値の創造に集中することによって、迅速かつ効率的にデジタルトランスフォーメーションを実行可能にする。ファーウェイはこのアプローチで、顧客の長期戦略パートナーになることを目指している」と付言した。

 HUAWEI CONNECT 2018で、ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスは、急速に進化している今日のデジタル世界で企業が競争し、成功する役に立つよう設計されたデジタルプラットフォームの強化された機能を概説した。その機能は以下の通り。

 *マルチクラウド: ファーウェイのFusionStorage8.0は現在、300マイクロ秒のI / O応答、ゲートウェイのない完全分散アーキテクチャー、アクティブ・アクティブ信頼性を提供できる業界唯一のソリューションである。ファーウェイのプライベートクラウドソリューションは、業界のIaaSレイヤーで最多のクラウドサービスを提供している。

 *ネットワーク: ファーウェイの業界最先端のCloudFabricソリューションは、10kコンテナの極小レベルのアップリンクとダウンリンクをサポートできる。

 *デバイス:ファーウェイは、業界初のインテリジェント加速モジュールAtlas200を提供、高精細ビデオや先進的なスマートスモールセルのリアルタイム分析を実行できる。

 *加えてファーウェイは、業界固有のAIアプリケーションをデジタルプラットフォームに統合して顧客のデジタルトランスフォーメーションの旅をより的確にサポートできる、全く新しいフルスタックAIポートフォリオを発表した。

 ▽ファーウェイのAI + Digital Platformが天津・浜海新区のスマートシティー建設を支援

 ファーウェイの専門知識を使い、天津経済技術開発区(TEDA)は、AIベースの「1 + 4 + N」スマートシティーソリューション(1つのセンター、4つのプラットフォーム、追加的な革新的アプリケーションのこと)を設計、開発した。ソリューションの「1」は、政府や企業、市民サービスからインターネットやIoTを通じて提供されるデータを、AIを使用して集約、処理することを可能にする「City Brain」インテリジェントオペレーションセンター(IOC)を表す。これは、天津・浜海新区をスマートシティーに変えるのに役立つ強力な分析機能を提供する。

 このソリューションは4つのAIプラットフォームで構成されており、IOCと緊密に連携して以下のようなスマートサービスを提供する。

 *住民の声: 都市の管理者が、各住民の声を理解し、彼らのニーズを把握できるようにする音声認識と意味解析技術を備えている。

 *都市の感知: 画像認識と相関分析を使用し、すべての人々のための調和を促進することを目的に、人、場所、車両および物の関係を探る。

 *住民ケア: 住民のための個別のリソースを生成するため、サービスライフサイクル全体にわたってディープラーニングと相関分析を統合する。

 *企業サービス: 多元的、相関分析を適用し、TEDA地区の産業の内部関係を明確にし、企業ライフサイクル全体にわたってサービスリソースの利用可能性と正確にマッチさせる。

 ▽Vankeがファーウェイの新しいスマートキャンパスソリューションを導入

 より多くの産業がデジタルトランスフォーメーションを進める中、スマートキャンパスはビジネスの成長を加速し、グローバルな競争力を強化する。スマートキャンパスを構築することで、企業は顧客のニーズをより包括的、より深く、より正確に理解し、関連性が高い、本物で効率的な顧客体験を提供することができる。ファーウェイは、業界全体のプラットフォーム・イネーブラーになるとの目標を掲げ、以下の4つの主要原則に従いスマートキャンパス・イネーブルメント・プラットフォームを再定義した。

 *スマートモデル: このプラットフォームは、デジタル化を超えて、相互接続性、コラボレーション、統合、イノベーションを実現することができる。

 *キャンパススペース: キャンパスが物理的存在からバーチャルなコミュニティーに移るにつれ、スペースの制約はもはや限界ではない。

 *ビジネスモデル: このプラットフォームにより、顧客は従来のスタンドアロンモデルから多次元ビジネスに変革し、トランザクション共有を通じて価値を最適化することが可能になる。

 *キャンパス運用: 当初の計画ベースの運用をオンデマンド運用に変更することで、運用が目に見え、管理・制御可能になった。

 ファーウェイは、業界初の全デジタル・キャンパスパイロットプロジェクトを世界各地の自社オフィスで展開、172カ国への展開を予定している。中国に本社を置く大手不動産開発会社Vankeも、ファーウェイのスマートキャンパスソリューションを採用し、中核的事業活動の転換、イノベーションの最適化、不動産業界の新たな機会の拡大に役立てている。両社はまた、イノベーション研究所設立のために協力しており、将来の開発に向けたエコシステム構築のための新たなシナリオとモデルを共同で研究、投資する。

 ファーウェイは顧客と長期にわたり連携していくことを確約しており、プラットフォームの力を通じた企業のデジタルトランスフォーメーションを推進するため、未来指向のアプローチを採用している。現在までにフォーチュン・グローバル500企業211社(フォーチュン・グローバル100企業の48社を含む)が、ファーウェイをデジタルトランスフォーメーションパートナーに選んでいる。

 HUAWEI CONNECT 2018は10月10日から12日まで、Shanghai World Expo Exhibition and Convention Center and Expo Centerで開催される。「Activate Intelligence」をテーマにした今年のHIAWEI CONNECTは、インテリジェントな世界で自説を展開するあらゆる組織を支援するオープンで共同的な共用フォーラムである。世界のICTリーダー、業界専門家、エコシステムパートナーを含む業界のベストマインドが、進むべき道筋を描き、新たな機会を模索するために集結する。

 詳細については、以下を参照。
https://www.huawei.com/en/press-events/events/huaweiconnect2018

 ソース:Huawei