池田糖化発!香りすっきり旨RICH(うまりっち)“旨みいわし節エキス”の拡販を開始

旨みいわし節エキス
旨みいわし節エキス【拡大】

 池田糖化工業株式会社(本社:広島県福山市、代表取締役社長:池田 直之、以下 池田糖化工業)は、魚の臭みを抑え、旨みを引き立たせた「旨みいわし節エキス」の拡販を開始しました。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/167864/LL_img_167864_1.png
旨みいわし節エキス

 【“いわし節”ってなに?】
「いわし節」をご存知でしょうか。生のいわしを煮て、焙乾(燻して乾燥)した物をいわし節と呼びます。ちなみに煮干しは、生のいわしを煮て、天日や風で乾燥(燻していない)したものです。
いわし節は焙乾することで、香ばしい風味がつき、魚の臭みが抑えられます。煮干しと比べると、旨みが濃く、生臭みが少ないのが特徴です。
旨みいわし節エキスでは、その名の通り「いわし節」を使用しておりますので、魚の臭みは少なく、さらに独自製法を組み合わせることによって、旨みを強く引き出した製品です。

 【旨みいわし節エキスの開発秘話】
「エキスで旨みを表現したい…」という思いが旨みいわし節エキスを開発するきっかけです。
近年の健康志向で添加物の使用を減らしたいケースが増え、和食のユネスコ無形文化遺産登録で和食の特徴でもある「旨み」が注目されている背景があります。
まずは、開発で原料を吟味し、イノシン酸含量の多い「いわし」を原料にすることにしました。
様々な製法検討を繰り返しましたが、なかなか目指す「旨み」を表現できません。苦しい日々が続き、悩んだあげく基礎研究室のドアをノックしました。基礎研究室は食品を科学的な目線で見つめ、新しい製法や技術を考える部署です。開発から風味のイメージを伝え、今度は基礎研究室が悩む番です。開発と基礎研究で何度も風味を確認と試作を繰り返し、ついに納得のできるものができました。
それが「旨みいわし節エキス」です。
当社開発の“熱い思い”と基礎研究室の“科学的な考え方”で作りあげた“ホット&クール”な逸品です。

 【お客様からの声】
「こんな旨みの強いエキスはみたことない!」
「今までのいわし節エキスは魚の臭みが気になっていたけど、香りスッキリで使いやすい!」
「旨みが強いのに透明感があるのが面白い」
「ぜひ、いわし節以外でもシリーズ化してほしい」 等
魚の臭みを抑えつつ、旨みリッチに仕上げた「旨みいわし節エキス」ですので、和風・洋風問わず、様々な商材にご使用いただけます。

 【旨みいわし節エキスの概要】
名称 : 旨みいわし節エキス
商品形態 : 18kg/バッグインボックス
保管条件 : 常温
賞味期限 : 未開封12ヶ月
表示方法 : いわし節エキス または、 魚介エキス
アレルギー物質表示: なし

 ■会社概要
商号 : 池田糖化工業株式会社
代表者 : 代表取締役社長 池田 直之
所在地 : 〒720-8638 広島県福山市桜馬場町2番28号
設立 : 昭和10年6月1日
事業内容: カラメル、調味料、甘味料、乾燥食品、デザート食品、
その他各種食品加工、食品素材
資本金 : 4億794万円
URL : https://www.ikedatohka.co.jp/

 【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
池田糖化工業株式会社
Tel:084-957-3414