マーシャルアンプの名機「JCM2000」の系譜を継ぐ「DSLシリーズ」の大出力モデル2機種を発売

マーシャルコンボアンプ「DSL40C」
マーシャルコンボアンプ「DSL40C」【拡大】

  • マーシャルアンプヘッド「DSL100H」
  • マーシャルフットスイッチ「PEDL91016」

 株式会社ヤマハミュージックジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:押木正人)は、当社取り扱いのギターアンプ・ブランド「マーシャル」の「DSLシリーズ」の新たな2機種と専用のフットスイッチを2018年10月19日(金)に発売します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/168375/img_168375_1.jpg

 画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/168375/img_168375_2.jpg

 画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/168375/img_168375_3.jpg

 <価格と発売日>
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/168375/table_168375_1.jpg

 <製品の概要と主な特長>
マーシャルアンプ「DSLシリーズ」は、1990年代後半に発売され世界的に支持を受けたアンプヘッド「JCM2000」の操作性とサウンドキャラクターを継承しつつ、コストパフォーマンスを追求したモデルです。全機種のプリアンプ、パワーアンプ部に真空管を搭載し、太く自然な真空管アンプならではのサウンドを手軽に楽しむことができます。
このたび、2017年に生産完了となった「DSL40C」「DSL100H」の後継機を新たに発売します。新製品は、プリアンプ設計が「JCM2000」により近いサウンドニュアンスにアップデート。さらにサイレントレコーディング機能が搭載され、自宅録音にも対応しています。他にも本格的なステージパフォーマンスでも重宝する2系統のマスターボリューム、MIDI機器や別売りのフットスイッチ(コントローラー)「PEDL91016」による操作性の向上など、大幅にバージョンアップされています。40W出力のコンボアンプ「DSL40C」と100W出力のアンプヘッド「DSL100H」は同じプリアンプ回路と機能を備えており、用途や好みに合わせて選択できます。

 ■1台で自宅録音からステージパフォーマンスまで対応する「DSL40C」
コンボアンプ「DSL40C」は、プリアンプ部にECC83(真空管)を4本、パワーアンプ部にEL34(真空管)を2本搭載した、本格的なフルバルブアンプです。
クラシックなローゲインサウンドに特化した「クラシックゲイン」チャンネルにはクリーン/クランチモードを、アグレッシブなハイゲインオーバードライブサウンドに特化した「ウルトラゲイン」チャンネルには、サウンドキャラクターの異なるOD1/OD2モードの計4モードを搭載。きらめくようなクリーンなサウンドから伝統的なSuper Leadアンプのような太く鋭いクランチ・サウンド、銘機「JCM2000」を彷彿させる力強いハイゲインオーバードライブサウンドまで、あらゆるタイプのマーシャルサウンドを楽しむことができます。
外部MIDI機器や別売りのフットスイッチ(コントローラー)「PEDL91016」の併用により4つのモードへのフレキシブルなアクセスが可能です。
使用環境に応じて出力レベルが選択(40W/20W)できるほか、リアルなアンプサウンドをシミュレートしたライン&ヘッドホン出力端子やサイレントレコーディングモードなど、自宅録音にも対応する機能も充実しています。セレッション(*)製「V-Type」12”スピーカーを搭載した「DSL40C」は、自宅録音からステージパフォーマンスまで、あらゆる環境に1台で対応します。

■ステージユースに最適で自宅録音にも対応する「DSL100H」
アンプヘッド「DSL100H」は、「DSL40C」の機能と操作性をそのままに、プリアンプ部にECC83を4本、パワーアンプ部にEL34を4本搭載し100Wクラスへパワーアップ、本格的なステージパフォーマンスに適したモデルです。スピーカー接続なしでもリアルなアンプサウンドをシミュレートしたライン&ヘッドホン出力が可能なため、大音量が出せない自宅の環境にも対応します。

 <主な仕様>
【コンボアンプ DSL40C】
■チャンネル数:2 (クラシックゲイン, ウルトラゲイン)
■出力(RMS):40 / 20(W)
■スピーカー:セレッションV-Type ×1
■寸法(W×H×D):620 × 490 × 252(mm)
■重量:22.9kg
■入出力端子:
1/4“楽器入力、3.5mm外部入力、FXセンド/リターン、1/4”エミュレーテッド出力
1/4“スピーカー出力×5(16Ω×1/8Ω×2/4Ω×2)

 【アンプヘッド DSL100H】
■チャンネル数:2 (クラシックゲイン, ウルトラゲイン)
■出力(RMS):100 / 50(W)
■寸法(W×H×D):740 × 274 × 242(mm)
■重量:24.2kg
■入出力端子:
1/4“楽器入力、3.5mm外部入力、FXセンド/リターン、1/4”エミュレーテッド出力
1/4“スピーカー出力×5(16Ω×1/8Ω×2/4Ω×2)

 【PEDL91016スイッチ】
■機能:
1.クラシックゲイン・チャンネル/クリーン・モード選択
2.クラシックゲイン・チャンネル/クランチ・モード選択
3.ウルトラゲイン・チャンネル/OD1モード選択
4.ウルトラゲイン・チャンネル/OD2モード選択
5.マスター1/2切り替え
6.FXループON/OFF切り替え

 ▼製品情報ページ
http://www.marshallamps.jp/
※当社は、マーシャル社(本社:イギリス)から認定を受けた国内総輸入発売元です。当社が輸入したマーシャル製品(正規輸入品)には、日本語版取扱説明書、保証書、PL保険が付属されています。修理、メンテナンスはマーシャル社から供給を受けた純正パーツを使用し、専任のスタッフが行っています。

 *1924年創業のセレッション(Celestion)は、イギリスのスピーカーメーカーです。1950年代に世界初のエレキギターアンプ用スピーカー「Celestion Blue」を開発しました。マーシャル社では創業当時の1962年から同社のスピーカーを採用し、現在も多くのマーシャル製コンボアンプやスピーカーキャビネットに搭載しています。

 【この件に関する一般の方のお問い合わせ先】
株式会社ヤマハミュージックジャパン
お客様コミュニケーションセンター ギター・ドラムご相談窓口
TEL:0570-056-808
受付時間:月~金曜 10:00~17:00(祝日および弊社休日を除く)

 ▼プレスリリースファイル
https://www.atpress.ne.jp/releases/168375/att_168375_1.pdf