ファーウェイとアウディがL4自動運転の共同開発を発表

 ファーウェイとアウディがL4自動運転の共同開発を発表

 AsiaNet 75700 (1854)

 【上海2018年10月11日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)は11日のHUAWEI CONNECT 2018で、ファーウェイとアウディがインテリジェントなコネクテッドビークル(ICV)分野における提携の将来計画を示し、新しいAudi Q7を使ってこの最先端テクノロジーを実証する。

 Audi China R&Dのサード・メッツ執行副社長はドイツ自動車メーカーの計画について「われわれは高度に自動化された運転機能と未来志向のビークル・ツー・インフラストラクチャー通信の共同開発を評価する。アウディは世界中で開催された多数のイベントで、高度な自動運転の分野でテクノロジーリーダーの1つであることを実証してきた。われわれは将来、ファーウェイとの提携をさらに強化することを期待している。なぜなら、われわれは両社関係の緊密化は双方に大きな恩恵をもたらすと確信しているからである」と語った。ファーウェイのウィリアム・スー取締役兼最高戦略マーケティング責任者は「自動車がスマートになるにつれ、われわれは世界で最も成功を収めたプレミアムカーブランドの1つであるアウディとともに、われわれの優れたテクノロジーを最大限に活用し、自動運転を加速する。極めて近い将来、顧客はよりセキュアで快適、かつ便利でインテリジェントな自動運転サービスを満喫することになる」と語った。

 ファーウェイのMobile Data Center(MDC)は、都市部の自動運転環境のためにAudi Q7と統合される。プロトタイプはHUAWEI CONNECT 2018で一般公開された。

 これに先立つ7月10日、ファーウェイとアウディはベルリンで、インテリジェントなコネクテッドビークルを共同開発する戦略提携に関する了解覚書に調印した。今回、この提携は双方の戦略全般において一段と進展したものである。

 HUAWEI CONNECT 2018 - "Activate Intelligence" -は10月10日から12日まで、Shanghai World Expo Exhibition and Convention Center and Expo Centerで開催される。

 今年のHUAWEI CONNECTカンファレンスは、企業および組織がインテリジェントな世界で限界を超え、その権利を主張することを支援するのが目的である。参加者は世界のICTリーダー、業界専門家、エコシステムパートナーを含む業界の優秀な人材と交流し、将来に向けた構想を描くとともに、新しい機会を探求できる。

 ソース:Huawei