中国の網易雲音楽がLoen Entertainmentとライセンス契約を締結

 中国の網易雲音楽がLoen Entertainmentとライセンス契約を締結

 AsiaNet 75640

 【杭州(中国)2018年10月12日PR Newswire】

 中国のIT大手企業の網易(NetEase, Inc.)が所有する中国で人気があるミュージックストリーミング・プラットフォーム網易雲音楽(NetEase Cloud Music)は、韓国の大手エンターテインメント企業、Loen Entertainmentとライセンス・パートナーシップを結んだと発表した。締結により網易雲音楽は、大規模な音楽コレクションならびにIU、Apink、CNBLUE、GFriend、AOA、THE BOYZなどの人気アーティストのアルバムやトラックがいま、網易雲音楽を通じて中国本土においてすでに配信が開始されている。

 Loen Entertainmentは幅広い音楽ジャンルを誇っており、ダンスミュージック、ヒップホップ、R&Bからフォーク、バラード、テレビのテーマソング、電子音楽までをカバーしている。IUの「Palette」と「CHAT-SHIRE」、Apinkの「Miracle」と「ONE & SIX」、CNBLUEの「7' CN」と「BLUEMING」、GFriendの「Sunny Summer」と「Time For The Moon Night」、AOAの「BINGLE BANGLE」と「ANGEL'S KNOCK」ならびにTHE BOYZの「THE START」と「THE SPHERE」などの同社の人気アルバムがいま、網易雲音楽を通じて中国本土においてすでに配信が開始されている。

 Loen Entertainmentに所属する数人のアーティストには近くリリースする新たな素材がある:IUの新作シングル「BBI BBI」は10月10日から網易雲音楽で利用可能となる。Apinkのメンバーであるチョン・ウンジとFTISLANDメンバーのイ・ホンギはそれぞれ、自分の新作アルバムをレコーディング中だ。16カ月前に前回アルバムをリリースしたチョン・ウンジの近くリリースされるアルバムには合計8曲が含まれており、彼女は7曲の作詞・作曲を行った。彼女が全面的に制作に関与したこのアルバムは、10月17日から発売される。FTISLANDメンバーのイ・ホンギは10月18日に自らの新作アルバムをリリースし、網易雲音楽は同じ日にこれを自社プラットフォームで利用できるようにする。イ・ホンギの前作リリースは3年以上前だった。

 2013年に設立された網易雲音楽は、音楽や最も活動的な音楽コミュニティー向けの中国最大のユーザー制作コンテンツ(UGC)プラットフォームである。2017年末現在、網易雲音楽は4億人超のユーザーを擁している。同社は中国で首位の音楽配信プラットフォームとして、業界平均を大きく上回る80%前後の音楽ライブラリー利用率を誇っている。

 網易雲音楽は年初以来、HIM International Music Inc、B2 Music、YUEHUA Entertainment、キングレコード、Big Hit Entertainment、NBCユニバーサル・エンターテインメントジャパンなどのレコードとエンターテインメント企業数社と契約を結び、パートナーとなっている。

 Loen Entertainmentは網易雲音楽との協力により良い結果が得られるとみている。

 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181009/2256156-1

 (日本語リリース:クライアント提供)