声や視線で自動運転を制御 アイシンなど研究グループ開発

 トヨタ自動車グループのアイシン精機や、名古屋大、徳島大などの研究グループは25日、乗員が声や視線、動作で制御できる自動運転車を開発したと発表した。「減速して」「右に曲がって」といった音声に従い「そこに止めて」と話すと視線の先で停車する。車載システムに行き先を聞かれた際、うなずいたり首を振ったりする動きも理解できる。こうした自動車は世界で初めてとしている。

 車に搭載したカメラやマイクなどが目の動きや顔の向き、音声を検知して人工知能(AI)が分析する。試作車にはベンチャー企業、ティアフォー(名古屋市)が開発した自動運転システムを搭載。徳島大が音声認識、アイシン精機が画像認識の分野で協力した。約6年前から開発を進めていた。乗員の声色や表情などから休憩を促したり、体調に合わせてエアコンを調整したりする技術開発も検討する。研究を主導した名古屋大の武田一哉教授は早期の実用化を目指すとし「AI分野で他企業との連携も考えたい」と話した。