アディーレ法律事務所、SATOグループと提携し、労働問題の相談サービスを提供開始!

アディーレ池袋本店
アディーレ池袋本店【拡大】

 弁護士法人アディーレ法律事務所(東京都豊島区、以下アディーレ)は、日本社会保険労務士法人(東京都豊島区)やSATO社会保険労務士法人(札幌市東区)などを傘下に抱えるSATOグループと2018年10月1日付で提携し、社会、労働保険手続きと労働問題についての相談をワンストップで行えるサービスの提供を開始したことをお知らせいたします。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/170358/img_170358_1.jpg
大企業が専属の顧問弁護士を抱えているのに対し、中小零細企業の多くは案件ごとに弁護士と個別に相談しているのが実情です。しかし、中小零細企業でも労働問題は多発する傾向にあり、こうした問題を予防するとともに、顕在化した場合には即時に対応することが求められています。

 SATOグループは、大企業約500社、中小零細企業約5200社の顧客企業を持ち、社会、労働保険の手続サービスを提供していますが、顧客企業の職場を取り巻く環境は大きく変化しており、残業問題やパワーハラスメントなどの労働問題が顕在化する傾向が高まっています。

 そこでこのたび、アディーレとSATOグループが提携し、タッグを組むことによって社会、労働保険手続きサービスと法律相談サービスをワンストップで提供できるようにした次第です。料金体系については、アディーレとの法律顧問契約について月額顧問料を無料とする特別プランとなっており(特別プランの詳細はお問い合わせください)、相談や団体交渉への同席などは別途料金が発生します。

 SATOグループは社労士事務所として国内1位の規模を持ち(士業事務所の経営専門誌『ファイブスターマガジン』2018年春号調べ)、アディーレは法律事務所として支店数No.1(2018年6月時点)規模を有しており、両法人がタッグを組むことにより、労働問題についての不安を抱える経営者の皆さまのニーズにお応えしてまいります。

 なお、今回の提携が成立した理由には、SATOグループの佐藤良雄代表が札幌市出身、アディーレの創立者である石丸幸人が室蘭市出身と、同じ北海道出身ということから信頼関係が生まれたということもございます。

 アディーレはこれからも、弁護士を必要とされる経営者の皆さまにご相談いただきやすい環境づくりを、心掛けてまいります。

 【弁護士法人アディーレ法律事務所】
2004年10月創立、代表弁護士:鈴木淳巳(愛知県弁護士会所属)。アディーレとはラテン語で“身近な”の意味を持つ言葉で、「弁護士をより身近な存在に」という理念の下、債務整理・交通事故の被害・夫婦問題・刑事事件・労働トラブル・B型肝炎の給付金請求・企業法務などの法律トラブルの解決にあたっています。相談実績50万人以上、弁護士140名以上が在籍し、国内最多の全国70拠点以上を構えるまでに成長。日本最大のネットワークを持つ法律事務所として各地域に根を張り、皆さまのご相談に対応しております。

 また、「土日祝日も休まず朝10時から夜10時まで電話受付」や「ご相談は何度でも無料」をはじめ、「プライバシーマーク」の取得、「無料駐車場」の全拠点完備、「キッズスペース」の設置など、ご相談しやすい環境づくりに取り組んでおります。

 ※相談実績、所属弁護士、拠点数は2018年11月時点。