【トップは語る】オウケイウェイヴ “感謝”を可視化し、経済圏を創る


【拡大】

 □オウケイウェイヴ社長・松田元さん(34)

 --今年7月、社長交代で新体制に移行した

 「1999年7月の創業以来、運営を継続する日本初かつ最大級のQ&Aサイト『OKWAVE』など既存事業やブランドマネジメントなどは創業者の兼元謙任会長が引き続き担い、私はコア技術として推進する『ABCテクノロジー』や海外事業を担当することにした」

 --ABCテクノロジーとは

 「ABCはAI(人工知能)、Blockchain(ブロックチェーン)、Chat(チャット)・Cyber Security(サイバーセキュリティー)の頭文字をとったもので新規事業として展開する。Q&Aサイトは安定した事業として残る。しかし成長を遂げるには新たな戦略が必要。OKWAVEに集まる悩みや疑問に対する累計2800万件の回答とそれに伴う4700万件の“感謝”にまつわるデータを生かすため、ABCテクノロジーと融合させ新しい価値を創る」

 --目指す世界は

 「いいことをした人が報われる社会で、『感謝経済プラットフォーム』を創る。OKWAVEの回答者に他のユーザーから贈られた感謝の気持ちを可視化し、『トークン(OK-チップ)』として外部企業で使えるようにする新しい経済圏だ。現在は金銭的価値はなく、経済圏に参画する企業が発行する特典・優待と交換できる。現状ではトークンを使えるところは19社だが、参加企業を増やしていきたい。目指すプラットフォームはブロックチェーン技術で実現できる」

 --課題は

 「回答者がお礼として受け取るトークンを換金できるようにするため今年6月、金融庁に仮想通貨交換業者としての登録を申請した。登録されれば換金というサービスも選択肢に入る」

                  

【プロフィル】松田元

 まつだ・げん 早大商卒。在学中の2006年アズ創業。12年アズグループホールディングスを設立し代表取締役、16年創藝社代表取締役、17年オウケイウェイヴ取締役、18年7月から現職。神奈川県出身。