岐阜市など3市町に優秀賞 太陽生命クアオルト健康ウオーキングアワード

記念撮影におさまる受賞自治体関係者と審査員=21日、都内
記念撮影におさまる受賞自治体関係者と審査員=21日、都内【拡大】

 健康増進を取り入れた地域活性化を応援する「太陽生命クアオルト健康ウオーキングアワード2018」(主催・日本クアオルト研究所、特別協賛・太陽生命保険)の授賞式が21日、都内で開かれ、優秀賞に岐阜市、三重県志摩市、埼玉県横瀬町が選ばれた。

 「クアオルト」はドイツ語で「健康保養地」の意味。「クアオルト健康ウオーキング」とは野山を歩き自然に触れる運動療法のことを指す。同アワードでは、自治体が健康ウオーキングを取り入れた企画を応募。優秀賞に選ばれると、ウオーキングコースの整備やガイドの育成、運営指導などの助成を受けられる。

 太陽生命の田中勝英社長は「コースが増えることで健康の増進ができる。これからも国民の皆様の健康を応援していきたい」と話した。