スマート農業システムの「ゼロアグリ」生産者向け定額利用プランを提供開始

3社の役割分担
3社の役割分担【拡大】

 株式会社ルートレック・ネットワークス(代表取締役社長:佐々木 伸一、神奈川県川崎市)は、JA三井リース株式会社(代表取締役社長:古谷 周三、東京都中央区)と、JFE商事エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長:轉 邦彦、東京都千代田区)と事業提携を行い、AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」の定額利用プランを提供開始いたします。

 ゼロアグリ 公式ウェブサイト https://www.zero-agri.jp/

 【プラン概要】
国内のスマート農業システムの普及にあたって、初期導入コストの高さは、導入ハードルを上げる要因の1つでした。生産者の投資リスクを低減した本プランにより、生産者は自身の資金状態やニーズに合わせ、スマート農業機器の導入に対して柔軟な選択が可能になります。本プランにおいて、JA三井リースとはファイナンス面での提携、JFE商事エレクトロニクスとは資産管理(保有)面での提携をいたします。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/171785/LL_img_171785_1.png
3社の役割分担

  ゼロアグリは、生産者の経営体強化への支援を図るとともに、国内のスマート農業システム普及に貢献いたします。

 【プラン詳細】
必要な初期費用は工事費、資材費、初期設定費のみで、ゼロアグリの本体費用については月額の定額料金をお支払いいただくことでゼロアグリの導入が可能です。1年間はお試し期間として、導入1年後、栽培に満足いく結果が得られない場合、生産者は返還費用のみを負担するだけで契約の終了が可能です。継続利用する際には、引き続き定額で使い続けることが可能です(リース契約への切り替えが発生)。
本プランは、動産総合保険つきのプランとなっており、火災や落雷、破損等の偶発的な事故によるゼロアグリの故障時も安心です。生産者は低リスクでスマート農業機器を活用することが可能になります。

 <定額利用プラン 詳細>
期間 :0~12ヵ月
契約形態:定期レンタル契約
支払金額:¥33,800~/月
備考 :・導入時の工事費用、初期設定費用は本費用に含まれません。
・1年に満たない時点で契約終了することはできません。

 期間 :13ヵ月~ ※使用継続する場合
契約形態:リース契約
支払金額:¥25,800~/月
備考 :・リースサービスのため、時期により金利は変動いたします。
・5年間の契約を前提とします。

 【AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」について】
ゼロアグリは、国内の98%の面積を占める安価なパイプハウス栽培で活用できるスマート農業システムです。センサーより得た日射量と土壌環境情報より、独自の栽培アルゴリズム(AI)を用いて、必要な潅水施肥量を算出、自動供給を行います。
また、PCやスマートフォン等からリアルタイムに栽培状態を把握でき、これまでの「カンと経験」を反映した潅水施肥の調整も簡単に行うことができます。ゼロアグリの活用により、潅水施肥に関する90%の労働力削減、施肥量も慣行農法と比較して50%削減(当社比)、データに基づいた栽培技術の伝承等が可能です。また、天候の変動や生育の状態に適した、潅水施肥の供給により、土壌環境が安定して作物の根にかかるストレスをなくし、品質安定、収量向上にもつなげることが可能です。
ゼロアグリ 公式ウェブサイト https://www.zero-agri.jp/

 【ルートレック・ネットワークスについて】
2005年の創業以来、黎明期よりM2M(IoT)技術の研究開発を行い、産業機器やヘルスケア機器等、様々な業界へIoTソリューションを提供してまいりました。2010年に総務省の広域連携事業にて農業の見える化プロジェクトを実施しスマート農業事業に参入、2013年よりAI潅水施肥システム「ゼロアグリ」の販売を開始いたしました。2018年2月には、経済産業省が主催する第4回日本ベンチャー大賞農林水産部門を受賞しております。
ルートレック・ネットワークスの詳細については、ウェブサイト( http://www.routrek.co.jp/ )をご覧ください。

 ※記載されている会社名、製品名などの固有名詞は、各社の登録商標または商標です。
※お試し利用契約及びリース契約の取組みに際しては、JA三井リース所定の審査手続き及び社内手続き完了を条件とします。
※記載されている支払金額は、物件構成・オプション・契約条件等により変動します。
※記載されている情報(契約形態、支払金額等)は発表日時点のものであり、予告なく変更する場合もございます。あらかじめご了承ください。