ドコモと電通、2月新会社設立 屋外デジタル広告手がける「ライブボード」

新会社の社長に就任する電通の神内一郎テック&データインテリジェンス部長=16日、東京都千代田区
新会社の社長に就任する電通の神内一郎テック&データインテリジェンス部長=16日、東京都千代田区【拡大】

 NTTドコモと電通は16日、デジタルサイネージ(電子看板)を活用した屋外広告を手がける新会社「ライブボード」を2月に設立すると発表した。出資金は50億円で、出資比率はドコモが51%、電通が49%。ドコモの携帯電話の利用データなどを活用して宣伝効果を高め、屋外広告の市場拡大につなげたい考えだ。ドコモは、携帯電話基地局の通信記録から付近を通行した人の数や年齢、性別などを分析しており、この統計データなどを活用する。

 将来的には、実際の購買につながったかなど、より詳細なデータを分析する。第5世代(5G)移動通信方式の普及で、広告の詳細な内容を通行人のスマートフォンに表示するなど、新サービスにもつなげたい考えだ。